つれづれ事件簿

さんしょくすみれ2

ココログのデータ容量が限界にきてしまいましたので続きは 「さんしょくすみれ2」として ライブドアブログで続けることにいたしました。
過去の記事はココログの「さんしょくすみれ」にそのまま残しておくつもりです。今でも 植物や仙台七夕の記事などが検索でひっかかるらしく 訪ねてくれる方がいらっしゃいます。私も園芸の記録帳として大切なブログなので このまま(2016年5月までの記事で)残します。
新しく継続して始めるブログへは下記のリンクからどうぞ。ガーデニングは体力的にも経済的にも環境的にも昔のようにはできなくなってしまいましたので 「さんしょくすみれ2」では日常をつぶやくブログになりそうです。それでも 折々に育てた花たちのことは記録していくつもりです。

それでは いつもさんしょくすみれを見てくださっていたみなさん 今後ともよろしくお願いいたしますヽ(´▽`)/

さんしょくすみれ2

| | コメント (0)

31回目の結婚記念日

2016/4/28 今日は31回目の結婚記念日だったのでセブンのアイスを買った!!今日は左のを二人で半分ずつ。夫婦としては渋いがアイスは甘~~い。半分で十分だったわ。結婚記念日といっても毎年これといって特別なお祝いはしない。「毎日普通に元気に暮らす」それだけで十分。これからも身の丈にあった暮らしをコツコツと積み重ねるつもり。長く続くといいな。

20160428_195408t

| | コメント (6)

九州で地震(4/22追記)

2016/4/14 22:33 
さきほど(21:26)熊本県を震源地とする大きな地震(震度7)がありました。九州全域で揺れましたが、私たち夫婦の住む北九州市門司区は震度3でした。エリアメールにビックリして玄関のカギをあけ、外に出ましたが被害なしです。
東北在住時、震度5までは何度も経験しているので震度3程度では驚きはしませんが 熊本の震度7はすごく心配です。九州の人は地震になれていないので。みな さぞかし怖かったと思います。
つれづれ家は両親も含めて大丈夫です。実家の母にも電話をしましたが大丈夫でした。

2016/4/16 01:25 
熊本県で再び震度7の地震。余震ではなく これが本震だったとの報道有り。夜中の地震で 携帯の緊急地震速報は 4回ほど続きました。続けざまに起こる地震。そのたびに玄関に避難。とはいえ 今回も門司地区は震度3程度。落下物もなく被害なしです。翌朝両親の様子実家の母の様子を確認しましたが 被害はなく無事。震度3程度なら心配はいりません。

熊本ではこの本震で被害がいっきに拡がってしまいました。津波や火事が追い打ちをかけるという最悪の状態は避けられていますが 地震にまったくなれていない人々の恐怖はいかばかりかと思います。

2016/4/22 現在
くまもとでは震度3の余震が 毎日続いています。北九州市はまったく揺れていません。今日から熊本ではボランティアの受け入れが始まりました。支援のために仙台市や名取市からも震災時指揮をとった人々が 熊本に来られたそうです。福岡と北九州市では一般の人からの物資の寄付を受け入れる場所が設置されました。避難されてくる方には市営住宅の無償提供も始まっています。 いろんな方々の知恵と行動が集まって 少しずつだとは思いますが熊本の支援体制が確立していると思います。

熊本城のフェイスブックから写真と記事をお借りしました。400歳の熊本城はボロボロに傷つきながらも頑張って立ってくれています。12993436_1219684928056785_240072254
熊本城災害復旧支援金の口座を開設されたそうです。詳しい情報はこちら
http://www.manyou-kumamoto.jp/event/castle.cfm?id=1158

| | コメント (10)

黄金米が届きました

2016/4/3(日) 震災以降、宮城県山元町に寄付をつづけている我が家ですが(山元町には友人がいるので、すこしでもかかわりのある東北の街に寄付をしたいとおもっているつれづれ家) 2015年から山元町がふるさと納税を始め、寄付金の使い方も寄付をする人が選べる制度になった。ということで今年は震災関連の寄付と限定してふるさと納税をしてお米をいただけることになりました。本日、黄金米が到着!!ヤッタ~~~!(^^)!山元町さんありがとうございます。
12495065_764185120385171_3827114837

| | コメント (0)

2015年度分の確定申告終了

Photo

20160219(金) 那須の自宅、昨年1年空き家(^-^;)それでも不動産屋さんを通して賃貸募集しているので確定申告は必要。今年も申告相談会場の小倉AIMで税理士さんに色々教えてもらった。とある項目を経費項目としてあげられるかどうかの相談。答えはNO!。よかった。そのつもりで青色申告書を作ってきて正解。医療費控除や寄付控除もあるから毎年恒例のAIM通い。今年も無事終了しました。
それにしても 那須の我が家(写真上) なんて美しい(*´エ`*)ウットリ・:*:・.2月から新しくカップルが入居とのこと。大きな窓日当たりのいいリビング。シンプルで使いやすい台所。 つれづれ家のハウスで入居者さまの素敵な家族だんらんができますように~。と祈るオーナー妻のつれづれです。

| | コメント (0)

11年過ぎたココログ「さんしょくすみれ」

ココログでブログを初めたのが2005/1/3
今年で11年がすぎた。最初のブログ記事を少し手直ししてアップ。今も11年前と同じ気持ちでいるつれづれ再確認記念日(^^♪

******************************
2005年1月3日「答え」
古い友人から私のことを「答えを出す人」と分析された。たしかに、会話をしていると、ついつい「それって、こういう事なんだと思う。」と自分なりに考えて言ってしまう。「黙って聞いているだけ」ということができないのだ。自分としては、欠点でもある と思っている。なんだか、えらそうな感じがする。そんな私の言葉に対して友人のリアクションはさまざまで、そのまま飲みこんで、「そうか!」と納得してくれる人もいれば「でもね…」と違う意見をぶつけてくれる人もいる。飲み込んでくれる人には「だめ 鵜呑みにしないで!」と思う。その点「でもね」の人は好きだ。 自分の考えを「でもね」の友人との会話の中で完成させて行くのはもっと好きだ。自分とは違う視点や感性は自分の考えをまとめていく上で 大切な要素になる。そして「でもね」がお互いに言える関係は、心の距離も近いと思う。
******************************

記念日といえば 
2015/2/12は私のバイト先のセブンが移転してオープンした日。今年の2/12はシフトの日ではなかった私。いっしょにバイトを始めた同期の仲間たち(私を含めて3人!10人ちかくいたのにたくさんやめちゃいました)と、ラインのグループトークで「1年頑張ったよね。偉いわ!私たち!」とガールズトーク!大いに盛り上がった。「昼間はシフトの休みがお互い合わないから夜に同期会の食事会しませんか?」と若いママたちの提案あり。「ヤッター!(^^)!大賛成よ~!」と私。さっそく焼き鳥屋さんに予約を入れてくれた若いママたち。わたしとは親子ほど年はちがうが 同じセブンバイトの仲間として 仲良くさせてもらっている。どこに住んでも ありがたいことに私のまわりには素敵な友人がいっぱだ。これだから人生は楽しくてやめられない。

| | コメント (2)

そもそも悪寒戦慄って何?

今回 だだちゃさんの病気で5分以上続いた悪寒戦慄(体中がガタガタと小刻みに震え続ける)さすがにこれだけ長い時間続くと異常な様相を呈するので私の脳裏に刻みこまれた出来事となった。そもそも悪寒戦慄って何?なぜそんなことが起こるのか調べてみた。

身体に侵入した細菌と戦うためには身体を発熱させ高熱で細菌と対じするのだが、細菌が強力なものであればあるほどのんびり発熱してはいられない。身体は短時間で高熱を出させなくてはならないわけだ。結果、身体が何をするかというと 身体をガタガタと強制的に震わせ熱エネルギーを作る。そのエネルギーによって効率よく高熱をだした身体を作っていくらしい。つまりあの震えは発電機のモーター代わりだったということだ。 すごいね人の身体って!実によくできている。ただ、この緊急対応をしているとき身体は呼吸器や脳にもダメージを与える危険性が大きいから 安穏とはしていられない。

同じような悪寒戦慄をおこし救急車で病院に行った友人の話。 病院についたときは高熱の状態だけになっていたからなのか「なぜこの程度で救急車を呼ぶのか」と医師から友人は嫌味をたくさん言われたそうだ。まったくもぅ・・・(`Д´) 
小倉記念病院の腎臓内科の当直医の先生がおっしゃっていたが 悪寒戦慄のあと血圧が下がると とても危険な状態らしい。血圧のチェックも大事だということを記憶にとどめておかなくてはならないと思った。

| | コメント (0)

だだちゃさんの悪寒戦慄と39.8度の高熱

長男3歳の熱性けいれんの時も次男1歳の熱によるチアノーゼ症状のときも 家に私一人の時だった。親元を遠くはなれた核家族での子育てで私もたくましくなった。家族の病気では少々のことでは動じない。
しかし、2016/1/31夜中3時の主人の悪寒戦慄(高熱が出る前の寒さで震える状態) は異常に長かったし呼吸は浅かったし 過呼吸になりつつもあったしで救急車を呼ぶか呼ばないか悩みつつの対応だった。意識レベルは低くなかったこと、ひきつけとは違う体の震えだったことはよしとしても呼吸が浅いのは問題だったので 過呼吸の対応をしてだめなら救急車をよぼうと決めた。(どこにつれていかれるかわからないのがネックだなぁ…とおもいつつも)「吐いた息を吸う、それをくりかえす過呼吸の対応」ジップロックを口元にあてて試したら 呼吸がおちついて大きく息もすえるようになった。そしてその直後から39.8℃の高熱。氷枕でひやしつつも朝まで高熱が続いた。救急車を選択せず 考えていた総合病院の救急へ行くことを決断。

夜が明けて2016/1/31は日曜日だったので大きな総合病院へ急患として受診。このような主人のケースは3年前にもあってその時は前立腺炎で即入院だった。今回もたぶんそんな気がして泌尿器科のある総合病院をチョイスした。
炎症反応を表すCRPは19 この数値は完全に入院レベル。しかし尿から細菌が検出されなかったので 腎臓内科の当直医は首をかしげて「前立腺炎ではないかも」という。入院しますか?といわれる。「とりあえず今日は帰って会社に連絡したり準備したい」と主人。抗生物質の点滴を受けて帰宅。当直医は「菌血症になっている可能性が高いので血圧が下がったり激しい悪寒戦慄がきたりしたらすぐに救急車を呼んでここに来なさい」とのこと。

翌日高熱のまま 総合病院の泌尿器科でみてもらい 尿と超音波検査。結果、前立腺炎ではないだろうと医師。では体内のどこに炎症??謎は深まる。インフルエンザの検査は陰性だったし。1週間抗生物質を飲みながら安静に過ごすことを指示され 1週間後にまた来なさいとのことだった。そして1週間後 CRPの値は正常値。尿検査にも問題なく 救急で行った血液培養の結果も悪いものはでてこなかったとのこと。何らかの細菌が体内に侵入し 激しい炎症反応を起こして高熱になったらしいが 細菌は抗生物質がよく効いてやっつけた! 終わりよければすべてよし!ということらしい。

今回は入院しなかったが 次回もし同じようなことがおこってCRPが異常に高い時は 入院をすすめようとつれづれは思った。高熱のまま総合病院で診察を待つ5時間は本人には辛すぎるわ。入院していればもっと楽だったと思う。今回のことでこの記念病院にカルテはできたので その点については心強いと思った私である。

| | コメント (0)

確定申告(青色申告)の準備OK!


11181948_732978843505799_64032509_2
2016/2/6 国税庁のサイトで平成27年度分の確定申告を入力 プリントアウトしたので 2/19日に提出しに小倉まで行く予定。国税庁のサイトでウェブ入力すると計算を自動的にしてくれるのでホント楽。助かる~。とはいえ医療費や寄付や那須の自宅の青色申告(昨年1年入居者なしだったけど)などなど けっこうめんどくさい我が家。入力前にもろもろのデータを準備しなくちゃいけない。でもエクセルさえあれば百人力。私にとってパソコンは頼もしい相棒だ。主人とデータの共有もしているから 私のパソコンにか何かあっても大丈夫。今年は少しだけれど還付もあるのがうれしいね。

この時期 ついでに家計関係の1年分の書類を整理。各項目のファイルに分類して新しい気持ちになるのが私のリズム。27年分がきれいに収納された!あぁ~気分すっきりだぁ~~!

| | コメント (0)

最高気温-2度の門司!雪がとけません

12549004_727167317420285_25836074_2
寒い!とにかく寒い!全く雪がとけません。ただ思ったほど雪がつもりませんでした。明日の朝はつもっているのかなぁ。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧