映画・テレビ

TBSの木曜ドラマ「MOZU」 ロケ現場は小倉

TBSの木曜ドラマ「MOZU」爆破現場は小倉のデパート「井筒屋」です。何か月か前、井筒屋に行ったときにこのシーンのセットを見ました!(^o^) 携帯で撮影しようかと思ったら撮影は禁止でした
。ドラマでは「銀座いづつや」になってましたね。 北九州市は映画やドラマの撮影場所を提供することで街おこしをしています。都会も田舎も海も山も昭和の建物も今風なカフェも、ごちゃごちゃに存在する北九州市ならではの街おこしなのでしょう。頑張ってほしいものです。

1513184_426616860808667_54080242321 1234582_426631690807184_91855967986
左)井筒屋新館と本館の間 ドラマの中で爆破があったシーン
右)ドラマ第一話 エンディングのシーン

| | コメント (2)

3/14の ごちそうさん 

(朝ドラ ごちそうさん より)

めゐ子
…畑てなぁ、世の中なんよ。普通に手入れしてるつもりでも『なんで?』って事が起こるんよ。お母ちゃんの世話なんか大きい所では関係ないんや。無力やなぁ~って。せやけど、ほなどないしたら良かったんやろうて。どないしたらこんな風にならんかったやろか。そんな事ばっかり考えてた」

泰介
「答は出たん?どうしたら良かったて」

めゐ子
「笑われても怖くても恥ずかしゅうても言わなあかん事は言わなあかん。おかしい思たら言わなあかん。これは無力な大人の責任や。偉い人はそれを言わせなあかん。山のように言わせて聞く耳を持たなあかん。多分、どっちも無責任やったんや」

主人公のめゐ子が 次男の戦死の知らせ受けた後 一人で畑仕事をしながらずっと考えていたことを復員した長男に話すシーンのセリフです。 脚本家は 今の時代へのメッセージとして言わせたように思いました。

| | コメント (2)

「ごちそうさん」を楽しんでいます

朝ドラ「ごちそうさん」を毎日楽しみにみています。子育ての栃木 仕事の仙台 夫婦で歩いた川崎 そして ここ福岡は 食の福岡と 決めているので私にぴったりの朝ドラというわけです。
そして「ごちそうさん」は、食のことばかりではありませんね。ネモフィラブルーさんもブログに書かれていましたが 正蔵が悠太郎に書いた手紙のシーンでは震災に想いをはせることができ ますます「ごちそうさん」が好きになりました。
<そんな正蔵の手紙の一部>

そしてある日、つと、気づきました。私は困難から逃れる事と引き換えに自分の生きている価値のようなものを、永久に、失ったんやと。
悠太郎。どれほど注意を払うたというても、過ちに、前もって気づく事はできません。
悠太郎。豊かさを追い求め、豊かさを失うのが、悲しいかな、人間という生き物です。けど、過ちを犯したあとに、どう生きるかを選ぶ事は、できるんです。もし、過ちと闘い続ける姿を見せられていたならば、君にその事を、伝えられたのではないかと、思います。ただただ、逃げ続ける私の背中は、君に過剰な責任感と、間違う事への恐怖心を、与えてしまった気がします。
ホンマに、すいません。
父親となる君に、私のこの間違いだらけの人生が、何かの役に立てばと思い、筆を執りました。悠太郎。め以子さん。どうか、私のような、親にならないように。どうか、あなたたちは、生まれてくる子どもに輝く未来と、豊かな誇りを与える人で、あって下さい。

「豊かな誇り」
誇りの意味をはき違えて 豊かな株価や豊かな軍備にばかり力がはいっている、国一番の権力者さんの導くこの国が いまはとても不安でしょうがない私です。

| | コメント (2)

北のカナリアたち視聴

録画していた「北のカナリアたち」を観ました。観始めてすぐ吉永小百合の年齢を確認するためにウィキペディアに飛びました。モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━ 68才!!!!!! 私より10歳は年下に見えます。
湊かなえさんの作品は読んだことがないのでこの映画の原作は知らないのですが 原作は短編作品だそうですね。これだけ若手で実力ある俳優さんたちをそろえて どうしてこんな映画なんだろう・・・Σ(;・∀・) 謎が深まる。後半早回しでみてしまってごめんなさい。(誰に謝っているんだろう私)

唯一 救われたのは 秀逸な森山未来さんの演技。
吉永小百合さんは90歳になってもこのまま美しいのかもしれないですね。しばらく自分の顔を鏡で見るのはやめておこうかと思いました。でも そうそう 私の理想は となりのトトロにでてくるおばあちゃんなので 問題はないか(^-^;
吉永さんの美しさを画像で表示したくてアマゾンから張り付けていますがこのDVDをおすすめしているわけではありません。

| | コメント (4)

最近見たドラマ ベスト3

最近見たドラマベスト3をつれづれの独断と偏見で発表

第一位 最高の離婚 (フジTV)
第二位 まほろ駅前番外地 (テレビ東京)
第三位 ラジオ (NHK) とんび (TBS)

「最高の離婚」は 脚本が 「それでも生きていく」や「mother」の坂元氏だけあって 脚本は期待を裏切らないできばえ。最終回の瑛太くんの長ゼリフは 秀逸。

・・結夏がいるのが当たり前だと思ってた
 だから普通なんだと思ってたから
 全然大丈夫だと思ってたから安心してて

 作るのは難しいけど 壊れるのは簡単で
 いついなくなってもおかしくない人と一緒に暮らしている
 いつなくなってもおかしくない時間を過ごしている
 いつお別れがきたっておかしくないのに
 好きだってこと 忘れて生きている・・・

コメディーなのに「夫婦関係のあやうさ」と「日常の本質」を考えさせられるセリフがどの回もちりばめられている。瑛太くんをはじめ尾野さん綾野くん真木さん4人の演技力はさすがとしか言いようがない。つれづれは瑛太くんの大ファンなので もちろん彼の演技は大好きだが 綾野剛くんの色気にもやられっぱなしだった。毎回変わるエンディングのダンスと桑田さんの歌も楽しみの一つだったなぁ。コメディドラマでこの完成度は近年ないのでは?

続きを読む "最近見たドラマ ベスト3"

| | コメント (2)

「とんび」

日曜日に録画していた「とんび」をみて号泣。原作をまだ読んでないけれど このドラマは作品の完成度が高いね。脚本もカメラワークも配役もいいなぁ。重松作品は数冊読んではいるけれど「とんび」も読んでみなくちゃ。

ドラマを見つつ思ったこと。
人間って 人と関わることでできあがっていくんだね。それが こどもであったり 友達であったり 同僚であったり 知りあいであったり 彼氏であったり・・・。
楽しいばかりじゃなく 悲しいことも 切ないことも含めて 誰とどうかかわって 生きてきたかが その人の生きるってことを形作る気がする。おもしろいなぁ 生きるって!
よっし、今日も ガンガン 生きようっと!

| | コメント (0)

ビブリア古書堂の事件手帖 <4>

ビブリア古書堂の事件手帖4巻をゆっけさんが購入。さっそく借りて読む。面白かった~♪栞子の母親 篠川智恵子の謎が少しずつ解けてきた。この調子だと まだまだ 続くねこのシリーズは。

4巻では江戸川乱歩の少年探偵団シリーズがテーマブック さっそく公立図書館でチェックしてきた。ポプラ社のかなり古いのを発見。図書館にあった本の背表紙は黄金仮面だったけれど 私が子どもの頃読んでいたのは 西洋兜だった気がするな。私はこの江戸川乱歩のシリーズが大好きで大好きで 毎日図書室に通って読んでいた。(あれ?友達がいなかったってことか?)

ビブリア古書堂の最新刊を読んで すっかり タイムスリップしてしまった。あぁ~本の虫だった頃がなつかしいなぁ。昭和30年代生まれで「少年探偵団シリーズ」が好きだった人に、ビブリア古書堂の事件手帖④はおすすめです。

| | コメント (0)

澤野新一朗氏の写真展に行ってきました

写真家、澤野新一朗氏(写真中)の写真展に1/9行ってきました。澤野氏の奥様、典子さんは私が高校1年生のころからの親しい友人です。先日、澤野氏が出演するBSプレミアムのグレートネーチャーが放送されましたが、奇跡の花園は、とても好評だったそうで ナマクアランドの花園の映像だけをとりだして再放送されるそうです。BSプレミアム2/1(金) 11:00~11:30 お花好きの方は、ぜひ南アフリカ奇跡の花園をご覧になってみてください。圧巻の風景ですヽ(´▽`)/
ちなみに 澤野氏の写真展は1月14日(月祝日)まで東京浅草、孔雀堂画廊で開催されています。お近くの方はぜひ!

Vert

| | コメント (0)

山頭火の俳句

Dsc0360920130104a_2

「濁れる水の流れつつ澄む~山頭火 魂の言葉~」12/24にNHKで放送された山頭火の番組は、とてもよかった。番組で紹介された俳句で印象的だったのは下の3句です。
「濁れる水の流れつつ澄む」
少々濁った人生も生きてさえいれば澄むのだと思うと希望がわく。
「まっすぐな道でさみしい」
ぶれることなく生きるというのは、時に孤独。
「だまって今日のわらじ履く」
誰もがみな黙々とやるべきことをやっている。この句がすごく好き。あらためてネットで山頭火の俳句を調べたら もう一つ好きな俳句をみつけました。
「いちりん咲けばまたいちりんのお正月」
またいちりんのお正月というところが とくに好き。小さい花の愛おしさがお正月とリンクしていっそうすがすがしくいとおしい。山頭火がこの俳句を詠んだ時の花は水仙だったそうですが我が家ではカランコエの小さな花がひとつまたひとつと咲いてお正月に満開になりました。昨年買った時はこんなに小さかったのに(*^_^*)

| | コメント (0)

森光子さんの2000回目の放浪記をNHKで観ました

先日BSで放送された 森光子さんの2000回目の放浪記を録画していたので
じっくり落ち着いて観ました。89歳という年齢とは思えない声と演技。 
鳥肌がたつような気迫に 目も心も釘付けになりました。

戦争の悲惨さも 戦後の貧しい時代も知り尽くした森光子さんは亡くなられ。
気骨のある 大好きな小説家 城山三郎さんも もう天国に・・・。
そんな今 世の中が 心配な時代になっているような気がして 気が気では
ありません。 国防軍・・・とか 核のシュミレーションぐらいはとか なんだかなぁ。

選挙の時だけ 綺麗な言葉を並べる 人々から 真実はさっぱり見えません。

| | コメント (2)