« 2日続けて関門まちかどジャズへ | トップページ | 博多駅前がますます賑やかに! »

実家の母の変化

実家の母は、娘が車で高速をとばして45分のところに住んでいることを、とても喜んでいるが、私が車で来ることを嫌う。アルバイトで疲れている翌日や翌々日に車で来て事故でもおこしては大変と必要以上に心配するのだ(^-^; 親心とはありがいもの。
ところが、それでいて、私と同世代の友人に「車で役場まで送ってもらった」と平気で言う。「お母さん、おかしいよ。筋が通らない。お友達の方だって車の運転は疲れるし危険をともなうのよ。娘と同じなのよ。」 そう私に言われて以来、どこに行くのもバスとタクシーを駆使して自分でうごくようになった。私も実家には納骨堂に行く以外は車で行かないし 母の病院の送り向かいのために実家にもどったりはしない。
最近は、私が訪れる日には家の掃除も隅々までしてあるし、台所やリビングで不要なものを整理していたりする。83才体重38キロ一人暮らし。けっして元気いっぱいのおばーちゃんではないが、厳しい娘の辛口メッセージに耐えながら考えや行動を少しずつ変化させている。娘としては嬉しい変化だ。実家に行ったときはめいいっぱい働く私。次回は窓掃除をする予定だ。実家でのんびり過ごす娘はしない。
12039261_693331787470505_5948788518
玄関前のアプローチ 花壇の花が咲きそろった。種まきして植えたジニアやコスモスが花ざかり。人々の視線が花に集まるので友人たちとのコミュニケーションと泥棒除けの防犯の効果あり。一人暮らしだからこそ 庭が荒れていないことはとても重要。

|

« 2日続けて関門まちかどジャズへ | トップページ | 博多駅前がますます賑やかに! »

コメント

>サザンクロスさん
今夜からの介護帰省 ファイトですね。ご実家のお母様もお父様も心待ちにされていることと思います。忙しい時にコメントをいただきありがとうございました。

実家の母はしっかりしてくれているのでついつい厳しい娘になってしまう私ですが 実家から帰るときはしっかり母を抱きしめてまた1週間元気でね。またくるからね。と笑顔で別れます。
本当はなんでもしてあげることが優しさなのかもしれませんが、私の体は1つです。嫁ぎ先のこと妻としてのこと多くのことをになっていますから 母には自分で立って暮らしてもらわなくてはなりません。育ててもらった恩を感じながら娘としてできることをせいいっぱいやるしかありません。
そして、離れてはいますが 弟という存在があるからこそ 肩の荷も少し軽くなりがんばれる姉の私でもあります。
嫁の立場では 言いたいことも言えませんから。弟のお嫁さんのことを思うとやはり私は言うべきことをちゃんと言って母を支えていかなくてはと思っています。弟をみていても男は何も言えませんからね。母親には(笑)

投稿: つれづれ | 2015/10/26 17:25

私も実家の両親には ついつい良かれと思いきびしい意見を言いがちなので 裕子さんの思いはよくわかります

しっかり者で本来心遣いの出来る方でも 高齢になってこられると つい我が子や身内贔屓になってしまうことはよくあることなのかもしれませんね

田舎の親を見ていて 自分にできることは自分でしようという意気込みがいかに大事が痛切に感じる今日この頃です
私は今夜から また介護帰省です

投稿: サザンクロス | 2015/10/26 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2日続けて関門まちかどジャズへ | トップページ | 博多駅前がますます賑やかに! »