« パンジー&ビオラの植え替えすべて完了 | トップページ | 花遊び »

重い腰をあげた実家の母

実家の母のもとへ今週からは 毎日ではなく1日おきに通っています。50日祭までは一日おきに その後は1週間に1日というペースでシフトしていこうかと。私が父のいる老健へ食事介助に行っていた時は 両親の家の中のことまで手が回りませんでしたがあらためて見回すとカーテンの汚れや障子の汚れなど目につくことばかり。座敷の障子の張り替えは完了しましたので、できることはしてあげようと動き始めています。 

実家は5年ぐらい前からスポット電化。お風呂以外はすべて電気中心の生活。それでも 徹底した待機電力削除で電気代はかなり抑えられていて 我が家よりはるかに安い電気代。

客間にはエアコンがありますが、母が一日過ごす茶の間の暖房は1000ワットの電気ストーブ一つ。これがあんがい電気を食う。エアコンの方がかかる電気代は安いはず。ただ エアコンをつけるために10万ほどかかるため初期投資はかかるが 一人暮らしの母が風邪をひいたり熱中症にかかるリスクを考えるとエアコンの設置は夏も冬も有効だと思う。しかも消費税は上がるし。付けるなら今でしょ!そんなこんなの話をしたら 母が重い腰をひょいとあげてエアコンをつける気になりました。発案は私でも支払はもちろん母ですが(笑)

昔なじみの電気屋さんへGO!電気屋さんの二代目は 電球1個の交換でも来てくれ、「この家の電気設備と間取りはすべて把握しています」とキッパリ!頼もしい好青年にエアコン設置をお願いしました。廊下に囲まれた茶の間はエアコンを取り付けるのに少々問題があるのですが 電気工事の資格をもっている二代目くんは 腕前と知恵とを尽くして設置してくれそうです。

|

« パンジー&ビオラの植え替えすべて完了 | トップページ | 花遊び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パンジー&ビオラの植え替えすべて完了 | トップページ | 花遊び »