« 森光子さんの2000回目の放浪記をNHKで観ました | トップページ | 2012年のクリスマスリース完成 »

つるバラの剪定 誘引が終了

Dsc0267120120525_2

今年の春
アイスバーグとアンジェラの
←ダブル咲きの様子

アイスバーグばかりが
よく育っているので
アンジェラと
分離することにしました。

剪定適期の12月に
なりましたので
分離を実行しました。

Dsc0350920121204 Dsc0351020121204
こんなに 生育状態がちがっていたのでは アンジェラがかわいそうです。
どちらも 同じ時期に挿し木をして 育てたのにね(^^ゞ
左のアイスバーグは義弟家へお嫁入りします。
お正月休みの時でも車で運ぶことにしましょう。

NHK趣味の園芸 つるバラの剪定についての覚書 (小山内健さん指導)

1 葉を全部とる
2 枝に優先順位をつける。(細い枝はまびく 太い枝の先の細い部分もカット)
3 よい枝をよい場所へ曲げる(目線の場所に太い枝)
4 枝と枝の間をあける。(太い枝の間は掌間隔 細い枝の間はこぶし間隔)

12月は枝に水分を含んでいるから つるバラを曲げやすいことと 葉っぱは
全部とっていいことを 再確認しました。
本当はピラミッド型のオベリスクに誘引するほうが全体に光があたっていい
ことは わかっているのですが コスト削減のため朝顔支柱を今年も利用
することにしました。来年はアンジェラの育苗に力をいれなくちゃ。
二つのバラを分離するにあたって 土も少し新しく追加。有機肥料も追加。
追記)
Dsc0351220121206

小山内さんによると バラの枝が□の中のように 筋がはいって霜降り
状態になっているのは いいバラなのだそうです。
枝が充実している証拠だとか。我が家のバラもなかなかいい感じに育って
いるようです。 

|

« 森光子さんの2000回目の放浪記をNHKで観ました | トップページ | 2012年のクリスマスリース完成 »

コメント

>いちごmamaさんへ
昨日の地震びっくりされたでしょう。mamaさんちは高台だし新築だから大丈夫と思ってはいましたが 案じておりました。寒さ今年は早いですよね。ビオラたちの成長がおそいのは仕方ないです。満開になるのは6月中旬ごろになるかもしれませんが少しずつ根は成長していますから がっちり育ったいい苗ができると思いますよ。
防寒対策は基本的に必要ないです。なまじ暖かくしすぎると寒さに耐性がなくなります。気になるなら夜だけプチプチのシートをホームセンターで何メートルか買ってかぶせるといいです。葉も土もカチンカチンに凍っても全く心配はありません。そこが種から育てている強みなんで~す。寒さに慣れながら大きくなっているから大丈夫。
バラは ぜひぜひ植え替えをしてください。葉を全部取って土を全部のぞいて新しい土で植え替えるといいとおもいます。ぼかし肥などもいっしょにまぜこんでください。枝の剪定もいっしょにね。

投稿: つれづれ | 2012/12/08 09:26

こんばんは、つれづれさんお元気ですか?
バラの植え替えの時期なんですね、我が家でもつれづれさんに頂いたアイスバーグそろそろ植え替えをしたいなぁと考えておりました!培養土などなど揃えてはいるのですが・・・この頃、強風悪天候続きで庭仕事が進んでおりません(-_-;)なんか今年の冬は来るのが早いこと・・・こちらはとても寒いです。パンジー・ビオラも成長が悪いです。育苗中の寒さ対策必要でしょうか?
今日は、少しだけ成長したパンジーの苗を玄関でポットに植え替えていたら地震がきてびっくりしました。
レンガを買ったり球根買ったり少しずつですが準備をしてきたのに・・庭仕事ができない~せめて強風だけでもやんでくれ~って思います。今度、写真送りますね~。

投稿: いちごmama | 2012/12/07 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森光子さんの2000回目の放浪記をNHKで観ました | トップページ | 2012年のクリスマスリース完成 »