« 試験前に限って・・・ | トップページ | 地球環境を作った循環 »

人が出現できた 地球環境5つの幸運

その1 適度な太陽の大きさと寿命
太陽は100億年光エネルギーを惑星に放射する星
現在の年齢 約50億年。 後50億年前後は温め続けてくれる。

その2 地球の質量と位置
地球の質量を1とすると 火星は10分の1 水星は20分の1 金星は6分の5
火星や水星は小さすぎて水をひきとめておけない。
金星は温室効果ガス二酸化炭素が96.5%あるので 470度の高温の星になった
大きな質量 適切な太陽からの距離 適切な温暖化ガス量によって
生物誕生に不可欠な水が存在できる太陽系唯一の惑星になった地球
 

その3 大気を守ってくれる地磁気
地球を構成する元素で最も多いのは鉄(地球は鉄の惑星)
小惑星が地球に衝突するたびに そのエネルギーで鉄は溶けて地球内部に
沈み鉄の核とマントルをつくった。
偶然 最後の小惑星が地球の中心からずれて衝突したため 地球の自転が
はじまり マントルの動きで電気が発生。地球は大きな電磁石となる。
それにより 地磁気は発生して宇宙からの放射線や太陽風の防護壁となった。

その4 大きな質量をもつ木星と土星の出現
地球の317倍の質量をもつ木星が生まれて 多くの隕石や小天体は木星に
吸い寄せられ 地球にぶつかることが少なくなった。

その5 適度に安定し適度に攪乱した地球環境
たまに 隕石や小天体が落ちて 進化を攪乱することで生物群が変化し
人間の出現を可能にした。



・・・・・・・・・・・・坪内先生による「地球環境と人間活動」テキストより引用

地球環境が出来上がる確率をある学者はこう言ったそうです
プールに時計の部品をバラバラにして入れぐるぐるかき回して 時計が
組みあがるぐらいの確率
本当にいろんな偶然が重なって 地球がうまれたんですね。

|

« 試験前に限って・・・ | トップページ | 地球環境を作った循環 »

コメント

>ペコラさんへ
たくさんの ラッキーが積み重なったことに
あらためて感謝ですよね。
いろんな種が 絶滅しては新しい種が誕生してきた
地球の生物の歴史を思うとき 人間の歴史は
このままでは 絶滅の日が予定より早くやってきそうです。
そう 思うほど 今の地球環境は 人間に厳しく
なりつつあることがわかり 愕然とするつれづれです。


投稿: つれづれ | 2012/10/19 19:51

うんうん、ものすご~い偶然というか、ラッキーが重なって地球は生まれたんですよね・・・・
最近、人類って、よくここまでこれたな~と思うことがあります。現存する種より途中で絶滅しちゃった生物の数のほうが多いだろうな~と。
地球も、人類も、ラッキーで出来てるといっても過言じゃないなと、ありがたいな~と思います。あらゆるものに感謝しなくちゃダメですよね!

投稿: ペコラ | 2012/10/19 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試験前に限って・・・ | トップページ | 地球環境を作った循環 »