« 24日~29日 福岡に一人で帰省 | トップページ | お墓掃除はたのしい »

実家の父の様子

実家の父の様子
・目をとじたまま食事をすることが多い。普段も目をつむっている時間が長くなった。
・車いすに長時間座っていたり食事中に 起立性低血圧になりやすい。
・刻み食は 完食できているが 自力で食べることができなくなった。
・左手でちゃわんは持てるが 右手のスプーンが動かせない。
・右手の握力はとても弱いが 左手の握力は強い。
・輪投げは以前ほど上手にできなくなったが 一番好きな運動だ。 
・手紙や写真をみても反応がない。
・覚醒しているときは 少し言葉がでる。(単語)「はい」など
・短時間なら 支えなしで座れる。一人で立つのは難しい。
・母のことは認識できている。耳はよく聞こえている。
・虫かごみが飛んでいるように見えるらしく 手で捕まえようとしたりはらったりする。
・足の筋肉がなくなったが固まって萎縮してはいない。
・両手で胸を抱え込むように手が固まった状態のときが多くなった。

帰省した時の私との会話
「お父さん もうすぐ誕生日だね。いくつになるの?」
「50さい」
(本当は84歳 50歳のころといえば私が20歳のころだなぁ・・・)

新しい作業療法士さん(20代の青年)が来た時の会話
「△△さんこんにちは。担当になりました○○です。よろしくお願いいたします。」
とあいさつされた青年作業療法士さん
「△△です」父が自分の名前を言って頭を下げたらしい。
周りでその様子をみていた介護士さんは びっくり仰天したそうだ。
何もできないわからない人だと思っていたら大間違い!

認知症になっていろいろなことが覚えられなくなっても 人としての感情は
何も失われていない父。
本当に心のこもった言葉を だれよりも正しく聞き分けることができる父です。

|

« 24日~29日 福岡に一人で帰省 | トップページ | お墓掃除はたのしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 24日~29日 福岡に一人で帰省 | トップページ | お墓掃除はたのしい »