« スカパー無料期間でみた映画 | トップページ | 実家の父の様子 »

24日~29日 福岡に一人で帰省

7/24~7/27 5月から2か月半ぶりに 実家の父のもとへ行ってきました。
83歳の父は自律神経のダメージが大きいレビー小体型の認知症です。 
最近 脳性貧血が食事中におこることが何度もあると聞いていたので 
心配していました。2か月半ぶりの介護帰省ですが 父は以前より
目をつむっている時間が長くなっていました。ただ 目をつむっていても
意識がないわけではないようなので10時~18時老健で付き添っている間は 
話しかけながら 足や手のマッサージ。プロのようなマッサージは
できませんが やさしく体をさする タッチケアもどきでも 3日続けると 
父の意識はかなり覚醒します。今回はだめかもしれないと思いましたが
3日目に 私のことを思い出してくれました。(うれしくて涙涙でした)
正しいタッチケア→(タクティールケア

1日目も2日目 私のことわかる?ときいても 首をふっていた父
3日目の午前中 いつものマッサージ
目を開けた父が 私の顔を見て 『おぉ~来てたのか』という表情をする。
わかる?と聞くと 軽くうなずく父  私ヽ(´▽`)/「やった~ぁ」 返すように
笑顔でいっぱいの父の顔 「久しぶりのお父さんの笑顔 うれしい!」
「まってまって そのままそのまま 写真撮らせて~」といってカメラを向けると
指の先まで意識を通してすこし照れくさそうな笑顔でこたえてくれました。
↓その時の写真がこちら(水彩画風に加工済み)。
Dsc0292320120727b_2

|

« スカパー無料期間でみた映画 | トップページ | 実家の父の様子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スカパー無料期間でみた映画 | トップページ | 実家の父の様子 »