« お嫁入りスカイバレンタイン | トップページ | 育ちすぎたパンジー アンティークピンク »

多肉の挿し芽

Dsc0254720120422
サルメントーサの□で囲んだ部分を切り取り 挿し穂にします。

Dsc0254920120422
矢印のところを はさみで切ります。

Dsc0255020120422
「切った後 2日ぐらい切り口を乾かしたほうがいいと」本には 書いてありますが
すぐに 多肉用の土に挿してもけっこう大丈夫。
ただし 多肉専用の土を使うこと けっして土を湿らさないこと。
水をやりたくなるけど ぜったいやらない。
↓この器は 鉢受け皿です。
Dsc0255320120422
このまま20日 約3週間 放置!
置き場所は 明るい日陰(直射日光があたらないけど暗くない窓辺など)
根がでてきたら 植え替えるのですが
私は根がでてきたら この状態で霧吹きで水分を与えてています。
植え替えるなら小さい植木鉢のほうがその後の生育がいいです。
葉挿ししたものは 小さい芽が伸びて根もでてきます。
植え替えて初めて水やり!
Dsc0255620120422


ゆさんへ
 こんな感じで多肉の新芽をさしてください。
新芽を切った後の 棒状態になった多肉は 根が残っていたら
枯れた部分を切り取って 棒状態のまま 多肉用の土に植えかえてください。
根があるのなら 霧吹きで土を湿らせても大丈夫です。
室内の明るい窓辺でそのまま2か月ぐらいすると茎から芽がでてきます。
 

|

« お嫁入りスカイバレンタイン | トップページ | 育ちすぎたパンジー アンティークピンク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お嫁入りスカイバレンタイン | トップページ | 育ちすぎたパンジー アンティークピンク »