« おひなさま | トップページ | けっさんの勤務地が決まる »

2012年3月10日11日 宮城へ

昨年2/11に仙台から神奈川に転居。3/11は義弟家族の引っ越し手伝いで
横浜にいたつれづれ。大きな揺れに「宮城より先に東海地震がきた?」と
思っていると のーさんの電話で震源地は宮城と聞き愕然としました。
「どうしよう・・関東でこの揺れなら震源地の宮城は とんでもないことになってる。」
そして その後の震災報道・・・

仙台を離れていて何の被害にもあわなかった私たち夫婦。
それは第三者からみれば「よかったね」と思われたことですが
私たち夫婦は よかったと思えなかったのです。
「あの震災のなかで 職場の仲間たち 地域の仲間たちと支えあって
いっしょに苦しい時間を過ごしていたかった」それが本音でした。

「3月10日・11日は 宮城で過ごしたい」
そんな だだちゃさんの強い思いで実現した私たち夫婦の宮城への旅。
10日>名取市閖上→亘理→西中田→ホテル
11日>塩竈神社→勾当台公園→仙台駅→川崎
被災地の閖上・亘理では 現地で手を合わせ祈りの時を過ごし
勾当台公園ではキャンドルナイトのメッセージイベントに参加 
震災のあった時刻 あつまった人々といっしょに黙とうをしました。
閖上(ゆりあげ)も亘理(わたり)も私たち夫婦がサイクリングを楽しんだり
海の幸を堪能した思い出の地。
(仙台の元の家から車で20~40分で行けるところでした。)
西中田では 久しぶりに懐かしい友人たちとも再会できましたし
塩竈神社でお守りのお塩もいただいてきました。

東北が一日もはやく元気になれるように私たちのできることを継続していこう!
そんな思いをあらためて強くした旅でした。

|

« おひなさま | トップページ | けっさんの勤務地が決まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おひなさま | トップページ | けっさんの勤務地が決まる »