« Swing Birdとともに 祈る ・・・「A(ラ)」の音 | トップページ | いちごmamaさんのお母様直伝美味しい「がんづき」 »

いちごmamaさんとの再会

仙台に行くのを楽しみにしていた理由は もちろんジャズフェスがあったことは
いうまでもありませんが もう一つ大きな理由は いちごmamaさんとの再会でした。
2/11に引っ越す少し前から バラやブルーベリーを お譲りして仲良くなった
いちごmamaさん。6歳と3歳の息子さんをもつ はつらつとした素敵なママさんです。
お花が大好きで洋裁や木工も大好きといういちごママさんとは すっかり意気投合
あぁ~もっと早く話をしていれば いろいろ お花の情報交換もできたのに・・・。
ご実家が 仙台の家のすぐそばでお母様も お父様もとても素敵な方なんですよ。

3/11震災の日 まだ建てて数年のいちごママさんのおうちを津波が襲いました。
山元町にお住まいだったのです。幸いご家族はみなご無事でした。
でも その後6か月 本当に大変な思いをして 過ごされていますし 今なお遅々として進まない震災復興の中  県南のアパートを仮設の住まいとし 日々頑張っておられます。
アパートの場所は放射線量が高めのため 子供たちは山元町の小学校で遅くまで遊ばせてから 帰るとのだとお話されていました。

9/10は震災以来初めての再会。 いちごmamaさんもお子さんたちも とても
お元気そうでした。パンジーの種まきをしたら 白いカビが生えてしまったと嘆いて
いたいちごmamaさんに つれづれの 「パンジー育苗記録」を印刷して持っていき
いろいろ ガーデニング話に花を咲かせました。
いちごmamaさんとは 友人として 同じ趣味の仲間として パワーを分け合いながら
これからず~~っと お付き合いしていけたらいいなと思います。
いちごmamaさんのおうちでは まだ パソコンができる環境ができていないので
ブログを通してのやり取りは 先のことになると思いますが その日が楽しみです。


そうそう
いちごママさんのご実家は 元住んでいたつれづれ家のすぐそばなので
元の家をみてきました。それはもう 目もあてられない 庭の荒れようで・・・・。
新しい住人の方は ガーデニングが趣味ではなかったみたいです(>_<)
被災した方が2年間の限定でお住まいだそうですから(お隣の方情報)

|

« Swing Birdとともに 祈る ・・・「A(ラ)」の音 | トップページ | いちごmamaさんのお母様直伝美味しい「がんづき」 »

コメント

>ぽちぽちいこかさんへ
コメントありがとうございました。同じネームというのにご縁を感じます(笑)仙台から神奈川に転居してガーデニング生活からはずいぶん離れてしまいました。こちらで世話をしているのはカトレア中心なので ブログにもなかなか園芸記事がアップできません。種まき生活をしていたころが懐かしいです。はてなダイアリー 時々のぞかせていただきますね。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: つれづれ | 2011/09/28 17:19

私も、現ブログでは、つれづれといいます。はてなダイアリーですが。(四季つれづれ)
東北の地震は、大変でしたね。苦労も多かったと思います。私も岩手に友人がいるので、その人たちと協力して、いろいろな支援をしました。
でも、頑張りの方が多い、東北の方にすごいと思います。
でも、時にはゆっくりしてくださいとも言いたいです。
ところで、私がこのブログを見つけたのは、琉球朝顔のことについて、調べたからです。
私は久しぶりに朝顔を育てたのですが、初めて、苗を買って育てた朝顔が琉球朝顔、一種類はきれいな花がさいたのですが、別の種類の方は咲きません。
宿根草とあったので、来年咲くのか、よくわかりません。
そして、見つけたブログに、つれづれさんのコメントがあったので、のぞかせていただきました。
正直なところ、東北の今抱えている問題に直面していることがよくわかります。
私のブログは見れないと思いますが、私も自然の草花や、空、虫たちの出会いを中心に書いています。
また、どこかで出会えたらいいですね。
先の名前は、昔、ブログペットをやっていたときの名前です。
その時の友だちにコメントするときに使っているので、今回はつれづれでなく、ぽちぽちいこかにしました。

投稿: ぽちぽちいこか | 2011/09/27 22:57

>oasisuさんへ
いちごmamaさんには りっぱなご両親もいらっしゃいますし
私が支えるなんて、そんなおこがましいこと…と思います。
でも お互いガーデニングが好きな友として 楽しいことを
ともに楽しく元気を分け合いながら 繋がっていれたらなと
思います。
いちごmamaさんのところで 「がんづき」というお菓子の作り方を教わったので明日は作ってみるつもりです。
元の家にお住まいの方は お庭にワンちゃんを走らせていました。
ドッグランのお庭にされるようです。(

>由莉ままさんへ
はい いちごmamaさんとの再会は本当にうれしかったです。
お互いマンション住まいでガーデニングもままならないのですが
ビオラの種をみるとウズウズしてくるのは 花好きならでわでしょうね。
私もこの秋頑張って種をまいてみようと思っています。
元の家にお住いの方はワンちゃんのお散歩にいけない分お庭で
元気に走り回らせたいとお考えのようです。
そいう 庭の使い方もありますね。

投稿: つれづれ | 2011/09/17 14:33

つれづれさん こんにちは。
いちごママさんとの出会いは同じ趣味で
素敵ですね。
震災後 ご苦労なさっている様子 つれづれさんが
支えになってあげてくださいね。

仙台の住んでいた家も 庭が荒れている様子は
がっかりなさったことでしょうね。
それぞれの都合があるのでしょうが
一輪のお花から元気を頂けるのにね そんなゆとりも
ないのが現実なのでしょうね。

投稿: oasisu | 2011/09/16 17:04

つれづれさん、こんにちは。
ジャズフェスティバルのほかに、素敵な再開ができてよかったですね。
趣味が同じ人と接する機会があるのはいいなあと思います。

被災地に方々にすれば、ガーデニングどころでは…なのかもしれませんが、少しさみしいですね。
せっかくのお庭なので、一輪の花でも愛でる余裕を取り戻していただけたらなあと思います。

投稿: 由莉まま | 2011/09/16 12:57

宮城でも南に位置する丸森や角田は放射線量のホットスポットになっています。
水素爆発当日 風が北向きに流れたからでしょうね。
山元町よりも 山沿いの角田のほうが高いのです。丸森は角田よりもっと高い放射線量になっていますから除染に取り組み始めています。
父は 順調に回復し 点滴もはずれて今はベッドの上で足腰のリハビリ中です
老健への手続きも終わり 移ることは決定だと思いますが
まだ いつ移るかは 日にちは未定です。病院の都合もあるのでしょう。
時折お見舞いに来られる方とは笑顔であいさつをしている父ですが
会話はできない状態です。母が10時から5時まで病室につめていますが
父が眠っているときなどは病院内の整形外科でマッサージを
してもらったり 栄養の点滴をしてもらったりしながら過ごしているようです。

投稿: つれづれ | 2011/09/16 09:36

角田は、地図で見ると福島より随分はなれているのに、
放射線量がどうしてたかいのでしょうか?
判らないことが多すぎて年よりはもう付いていくのがたいへんです。
川崎も大変でしょうが健康にはくれぐれも気をつけてください。
そのごご両親のようすはいかがですか。

投稿: のーさん | 2011/09/16 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Swing Birdとともに 祈る ・・・「A(ラ)」の音 | トップページ | いちごmamaさんのお母様直伝美味しい「がんづき」 »