« ともだち | トップページ | 仙台のジャズフェスに来ています »

父との時間

実家の父が23日の夜から肺炎で急きょ入院したので 飛んで帰りました。
25日から29日まで病室で ずっと父のそばにいました。
レビー小体型の認知症を患っている父は 幻覚が見え
記憶は 新しい記憶からどんどん忘れてしまいます。
寝たきりになってもおかしくないぐらい 認知症の病状は悪化
してきましたが、母の献身的な介護のもと ショートステイとデイケアを
組み合わせながら 実家でおだやかに暮らしていました。
そんな父が 認知症の新薬を飲み始めたころから調子が悪くなりました。
残念ながら 新しい認知症の薬は父にあわなかったのでしょう。
入院して新薬をやめて抗生物質の点滴を続ける治療により
ありがたいことに  ずいぶん元気になりました。

そんな父ですが一日のうち午前中1時間午後2時間 とても しっかりとした
父になる時間があります。新聞のスポーツ欄を真剣に見ている姿は
昔の父そのもの。私の言うことにも的確に反応します。
私が娘だとわかっていない時が多いのですが 自分のことを真剣に
心配してくれて応援してくれる女性として一目置いてくれている
そんな感じで言葉を返してくれます。
たとえ 家族の顔をわすれても 父は 人として礼を尽くす人なのです(笑)

もっと そばにいてやれたら たくさんマッサージもしてやれるのに・・・
たくさん 話しかけて父を笑わせることもできるのに・・・ と思いますが
現実はそんなに甘くありません。母をサポートしながら父と どうかかわって
いくことが現状でベストなのか 誰にどんなサポートしてもらったらよいのか
母や弟家族と相談しながら 少しでも良い選択をしていこうと思っています。
8/26病室にて。 しっかりした時間の父です。
写真をとろうとしたら照れて下をむいてしまいました。
20110826144456_3

|

« ともだち | トップページ | 仙台のジャズフェスに来ています »

コメント

>Happyばあばさんへ
お返事がおそくなりました
コメントありがとうございます。
この父の画像をみると私も昔の父とかわらない
おだやかでやさしい父だと思えます。
ただ 父との会話はなかなか成立がしません。
きっと心の中には父なりの思いがあるのだと思う
のですが 表現をする能力は低下し続けています。
帰省の時間は仙台の頃とさほど変わらないのですが
便数がおおいですし 新幹線を選択することができますから
とても 帰省しやすくなりました。突然の帰省も
介護割引を使えば40%引きなので 助かります。

投稿: つれづれ | 2011/09/14 07:57

その後、お父様のお具合はいかがですか?
お写真だけ拝見していますと、何事もないかくしゃくとしたおじいさまのように見えますね。
つれづれさんをおわかりになられない時があるようですが
きっと感謝なさってると思いますよ。
私はちゃんと晩年の父の世話が出来なかったのが、いつまでも悔やまれます。
神奈川からだと気分的にとても近くなった気がしませんか?
実際半分くらいの時間で来れるのでしょうか・・・
つれづれさんもどうぞご自愛くださいね。

投稿: Happyばあば | 2011/09/09 05:46

>由莉ままさんへ
ありがとうございます。父は今日あたりからリハビリも
始まるそうです。長い間太極拳で鍛えた体なので
体重があるわりに 体がやわらかくひょっとすると入院前の
ようにまた歩けるようになるかも・・・と期待しています。

>日向夏さんへ
日向夏さんは まだまだ お若いからなんの心配もありませんよ(笑)
日ごろからマウンテンバイクで鍛えていらっしゃるし。
おかげで 父もずいぶん元気になってきたようです。
ひとまずは安堵しています。

投稿: | 2011/09/02 15:28

つれづれさん、こんばんは。
実家のほうに行かれているのだろうなあと思ってはいましたが、たいへんでしたね。
ずいぶんお元気になられたとのこと、本当によかったです。

これからもいろいろなことがあると思います。
つれづれさんも、ご自愛くださいね。

投稿: 由莉まま | 2011/08/31 19:26

こんにちわ。
心行くまで世話をしてあげてください。
私の娘たちもつれづれさんみたいになってくれることを願っています。その時期が来るまで頑張ります。

投稿: 日向夏 | 2011/08/31 15:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ともだち | トップページ | 仙台のジャズフェスに来ています »