« 9月第1週末の園芸作業 | トップページ | 2009定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台 »

けっさんの こんな文章をみつけた(2007年11月)

子供は親の背中を見て育つというけれど。


「子供は親の背中をみて育つ」という言葉があるわけである。
それはつまり、子供は、一番身近な「親」という人生の先生の、
その厚く、大きく、力強く、逞しい背中を見て、
親の無言の背中を見て、親の生き様を知る。
そして親の背中にのっているたくさんのモノ
これを知識ではなく体で理解し、自分もまた年を重ねるごとに
同じものを背負っていく覚悟をする。
それがまた愛すべき我が子への言葉無き伝達になると信じて。




こんな考え方は子供に対する親の傲慢である




子供は常に自分の背中を見ていてくれている
子供はこの背中から生きていく強さを知るはず
子供と言葉無き意思の伝達が出来るはずである



勘違いも甚だしいのである



「子供は後ろからついてきている」
そんな親の独りよがりは子供を取り残すだけである。
親は子供に背中を見せるのではない
まず親が振り返る、そして子供と向き合うことが大事なのだ。


独りよがりで、子供に「親の背中を見せて育てる」のではなく
何度も子を振り返り、子供と「向き合って育てる」ことが大事なのだ。



そんなことをずっと考え込んでいました。



トイレで。



完全にお腹いてぇ。


************************************************************
けっさん21歳 
ふ~ん そんなこと 考えてたんだ トイレ・・・
けっさんは ハハの太って広くなった背中を 見ながら育ったわけだけど
(アハハ 意味が違うか)
君は 小さい時から 「自我の塊」みたいな子だったから 親の後ろ姿で
悟るなんてことは ありえない。幼児期はつれづれVSけっさんで
思春期は だだちゃVSけっさん でガンガン戦う日々だった。 
お互い納得いくように折り合いをつけるのが いつも ホント 大変だった。

そんなけっさん(大学4年)の近況といえば
研究室のせんせいの 提案を退けて 自分のやりたい課題で 研究発表の
準備をしているらしい。オヤオヤ 相変わらず 自我の塊だ。(;´▽`A``
けっさん曰く「やりたいことだから いいんだけど 半端なく大変!ヤバイ!」 
がんばるっきゃないね。 そのうち 箱入りマスクと 食料送るからね。

|

« 9月第1週末の園芸作業 | トップページ | 2009定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台 »

コメント

pen由莉まま さんへ
言うことは いっちょまえになりましたが
はたしてけっさんが父親になったときに
ちゃんと 子どもと向き合うことができるか
追跡調査をしてみたいと思います。ハイ

penゆさんへ
この文章は パソコンのお気に入りを整理削除していたら
でてきました。昔けっさんがブログをやってたときの記事です。
トークで笑わせてくれる けっさんは 我が家のムードメーカーです(笑)
マスク こちらでも60枚698円の箱売りはなくなってしまいました。
最近は50枚1000円が最も安いようです。


投稿: つれづれ | 2009/09/12 00:26

なんだか、最後のところで、笑ってしまいましたが、なるほどなと思わせてくれる文章でした。
けっさん21歳、自分の言動に責任のとれる、たくましさを感じます。
口ばっかりの由莉にも、見習ってほしいです。
(^_^;

投稿: 由莉まま | 2009/09/09 13:31

トイレで・・・ってところがおもしろいですね。
どこで見つけられたんですか?

箱入りマスクがなかなか手に入りません。

投稿: ゆ | 2009/09/09 05:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月第1週末の園芸作業 | トップページ | 2009定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台 »