« 仙台のお花見スポット | トップページ | 幻の青いチューリップ »

思ったほどさみしくないのはなぜだろう?

けっさんが 大学生になって家を出た時 あまりさみしくなかったのは
ゆっけさんが まだ家にいるからだろうと 思っていました。
この春 ゆっけさんも 大学生になり 東京にでましたが なぜか
思ったほど寂しく感じません。 なぜだろう。

花の世話 家の中の片づけ 仕事の整理 山積みの読みたい本 
やりたいことが山のようにあって ゆっけさんを心配する暇が
ないからでしょうか。

大学生になった子どもを手放すとき 大切なものを失う 恋人を別れる
そんな喪失感にも似た感情があると 人からは 聞きますが
それがないということは 私の大切なものは 子どもではなく どうも
私自身だったようです。アラアラ・・・(^^ゞ なんて薄情な母親
こどもは とてもかわいい存在 それは こどもが いくつになっても
そうなのですが 実は 私はだれより 私自身が いちばんかわいいです。
だめなところも いいところも 全部含めて 自分が世の中で一番好き。

こんな風に思うのは 私だけかな?と 思っていたら 先日けっさんと 
東京で話をしたときに 彼が 同じようなことを言ったのでびっくりしました。
「一人でいる時 みんなはさみしいとか つまらないというけれど 
自分は 一人でいる時が とても楽しい。ぼくは、自分のことがすごく好きだし 
一人の時間も大好きなんだよねぇ・・・まあ もちろん 友達といるときの
楽しさは それとはまた別で めっちゃたのしいんだけどね。」

けっさんのアパートには 休みとなれば 友達が5人も6人もやってきて
雑魚寝して 話し込んだり勉強したりしているようです。
自分が好きと言えるのは 周りに心を許せる人がたくさんいるから
言えることなのかもしれないなぁ とけっさんの話を聞きながら思ったのでした。
そういえば、私自身 生きてきた時間を振りかえっても 今を思っても
心を許せる人が いつもまわりにいるしなぁ・・・。

「自分が好き」=「自己肯定感がある」 と つごうのよい解釈にしておこう。
私はいくつになっても 大好きな私自身であり続けたいから、プレイベートでも仕事でも いろんなことに チャレンジしながら自分を鍛えていこっと!

Ismfilegeta_2 チャレンジといえば 自炊を頑張っている息子たちのために 電磁調理器を置く台をつくって送りました。アパートの小さなキッチンには 火力が弱く電気代ばかりくう電気コンロしかないので 二人とも電磁調理器を使っています。
電気コンロの上に置くと安定が悪いと けっさんもずっと困っていたので2人の台所に合わせて すのこを利用した木工をしました。それぞれジャストフィットだったみたいです。ヤッタネ(^^)v写真はゆっけんち

|

« 仙台のお花見スポット | トップページ | 幻の青いチューリップ »

コメント

penネモフィラブルーさんへ
ネモフィラブルーさん おかえりなさい。お待ちしていました。
ゆっけさんのこと 心にかけてくださってありがとうございます。
自宅から通える大学も合格していましたが 東京での大学生活を本人は選びました。
いろんなしがらみから解き放たれて 新しい自分を発見できるんじゃないかと
私も思います。幸い同じ沿線にけっさんもいますし 心強いです。
夫婦二人の暮らしは なかなか快適です。ただ 二人分の味噌汁がどうしてもつくれません。(苦笑)
今年の空色ガーデン 楽しみにしていますね。

投稿: つれづれ | 2009/04/15 13:53

ご無沙汰の極みで申し訳ありませんでした。
やっとこさ、訪問にまいりました。
ずっとゆっけさんのこと気になっていたので、進学が決まり独立されたこと、心からうれしく、応援いたします。
子供達が独立するのは、とても晴れやかでうれしいものですね。
自分の子供達が家を出た時、この子達も自由に放たれ、どんな新しい生活が待っているのかなと、こちらのほうが胸躍るような気になったことを思い出しました。
夫婦二人の暮らしも始まって、これがまたいいんですよ(笑)

青いチューリップ。チェックいたしました。サンキュ~。

これからは、頻繁につれづれさんのセンスあふれるお花たちを覗きにまいりますゾ。

投稿: ネモフィラブルー | 2009/04/15 09:59

penとうたかさんへ
おはようございます。コメントありがとうございます。
コメントって 顔がみえないだけに 「どこまで どう返事していいのかな?」って 悩みますよね。でも 先日のキリッとしたコメントがえし さすがだと思いました。
さんしょくすみれは ブログを初めて 5年めに入りましたから、みなさん気心の知れた方ばかりです。ホームページの頃から入れると7年です。みなさんに支えてもらってます。 ありがたいです。
とうたかさんを知る者としては 自己肯定感が低いというイメージは浮かびません。いつも はつらつとしていらっしゃるし・・・。
私の場合 落ち込んだり 辛いことがあったとき そんな自分を別の自分が見ています。そして「いとおしいなぁ~」って思ちゃうんです(笑) およそ見た目は弱弱しく見えない私ですから、よけいそう思うのかもしれませんね(笑)
お子さんが結婚されて離れるというのは 大きな別れですが 幸せな別れですよね。そんな別れが我が家にもくるといいなぁと思います。

投稿: つれづれ | 2009/04/14 12:50

pennunkikiさんへ
こちらこそ おひさしぶりーテニスの女王様 試合復活おめでとう!
(*^◇^)/°・:*【祝】*:・°\(^◇^*)ところで「自分好き友の会」でも 結成する?!
なんて馬鹿のことをつい 言ってしまうつれづれです。
私のつたない文章を全部削除してnunkikiさんのコメントをそのまま記事
にアップしたいわぁ。それぐらい 私の思っていることを100%代弁してくれてます。
わがままなナルシストと切り捨てずに暖かく(多少もてあましぎみ?)
見守ってくれる家族の存在は 私にとってたしかに大きいなぁ。
>この自分が一番可愛くて好き!って感情は人間が生きていく上での「基礎」
>なんだと思っています。こういう人、いろんな局面で強いんじゃないかと…
私もそう思います。人生って いつも自分と向きあうことばかりだよね。
自分がすきじゃないと 向き合うのがつらいし不安でしょうがないと思うな。
 

投稿: つれづれ | 2009/04/14 12:19

お久しぶりですーー
とうとう夫婦2人になりましたか、つれづれ家も。
自己愛の強い女が、ここにも一人。
一人は全然平気です。
一番好きなの自分だし、一番可愛いのよ(笑)
どんなに愚か者でも、心が弱くても・・・。
多分、馬鹿な子ほど可愛いってやつですね。
どんなときも感情を共有できるのは、自分自身ですもの。
だから、家族や周りの人間に育ててもらってるようなモンなんです。
この50年間は・・・(長いわーーー)
でも、この自分が一番可愛くて好き!って感情は人間が生きていく上での「基礎」なんだと思っています。
こういう人、いろんな局面で強いんじゃないかと、思っています。


投稿: nunkiki | 2009/04/13 23:38

pen日向夏さんへ
>我々はそれぞれ自分の生き方・生活を生き甲斐にしているのかも?幸せなことですね。
そういうことなんでしょうね。本当に幸せだとおもいます。
電磁調理器台 日向夏さんもつくられたんですね。(笑)
木工の腕も鍛えてます!なんて自慢できるほどの工作ではないのですが
すのこをばらして作ってみました。最近の新しいレオパレスは
すでに電磁調理器になっているようです。

投稿: つれづれ | 2009/04/13 22:37

ずっ~と読んでいって最後に笑いました。
考えることは同じですね。
実を言いますと、
以前6年前ですが、私の娘がアパートに入ったときに、
同じように"電気コンロ"でした。
電磁調理器を買ってきて電気コンロの上に置きましたが、
安定が悪いのですねぇ。そこで板・鋸・釘を買ってきて台を
作りましたねぇ・・・懐かしいですねぇ・・・・

私が大阪に行くときに『泣きながら(親が)の別れ』でしたが、私の娘が東京に行くときはそうでもなかたのですねぇ・・・
戦争を経験した親達の世代は『子供が生き甲斐』だったようですね。我々はそれぞれ自分の生き方・生活を生き甲斐にしているのかも?幸せなことですね。

投稿: 日向夏 | 2009/04/13 18:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙台のお花見スポット | トップページ | 幻の青いチューリップ »