« 神の手 | トップページ | 2008年ハロウィンの寄せ植え »

3倍体のマリーゴールド

20080928m_3
西花壇のフェンスからはみ出して咲き始めたマリーゴールド
マリーゴールドF1ゼニスレッド(タキイ)
このマリーゴールド ゼニスレッド、見た目は普通ですが 実は
なじみ深いフレンチ系と大きな花のアフリカン系を交配したものです。
フレンチが4倍体(染色体が2倍ある)でアフリカンが2倍体 そして交配されて
できたゼニスレッドは3倍体の植物です。
3倍体ということは種ができないということ(種なしスイカや彼岸花は3倍体)。
つまり 種をつくることに 栄養をまわさなくていいので 株が弱りにくく 
美しい姿を長期間維持できるということです。(種の値段が315円もするはず)
種は30粒入りでしたので たくさん苗ができちゃうなぁ~と困っていましたが
このF1ゼニス 発芽率がとても低かったです。
マリーゴールドなのに 30粒まいて たったの6株しか育ちませんでした。
(我が家の庭にはちょうどいい数でしたが) F1も長所短所ありますね。
今年の秋の庭は 赤がテーマカラー。ゼニスレッドは咲きはじめに赤が
強くでて 咲き進むにつれてオレンジ色に落ち着いてきました。
予想以上に 色幅があって楽しめます。
002 001 
育苗記録。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
4/16種まき(30粒入り) 
5/1発芽が始まる
ゼニス レッドとゼニス レモンイエローともに発芽が悪い。
レモンイエローは2株しか発芽しない。なんてことでしょう。気温が低かった?
6/22開花が始まったので花壇に定植
ゼニスレッド6株 レモンイエロー2株 たったこれだけ?という感じ。
夏のあいだ 花数は増えず 虫に食べられ レモンイエローは 
いたずらなのか1株ひっこぬかれ 最後の1株も枯れました。
なんともひ弱なマリーゴールドたち。
9月に入ってからの追肥が効いたのか やっと元気を取り戻し 花が
次々に あがってきました。
花が枯れたあとを調べまたら たねらしいものはありますが黒く熟さず
スカスカしたかんじです。これでは種とはいえませんね。
やはり種なしマリーゴールドでした。
背丈はアフリカンほど大きくなりませんが 花の大きさはフレンチより大きめ
一応 親のいいとこどりを していますね。このところ仙台の気温は最高が18度
寒くなったので マリーゴールドの赤は とても温かく感じます。

|

« 神の手 | トップページ | 2008年ハロウィンの寄せ植え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神の手 | トップページ | 2008年ハロウィンの寄せ植え »