« パンジー&ビオラ (4月前半) | トップページ | ぎゅうぎゅうづめの多肉 »

小さな訪問者

2008/4/8 小学校で新学期が始まった日の午後
私は 園芸作業にいそがしく 庭をうろうろしていた。
「こんにちは~ お花見させてくださ~い」
自転車が西のフェンス前に止まった。
背の高い女の子低い女の子二人組、同級生 8歳ぐらいかな?
「は~い!いらっしゃい。」
こちらも負けじと 元気に返事。(でも見たことない顔)
「お花見ってここだったんだ・・・・」
挨拶をしなかった方の女の子がつぶやく (連れてこられたのね)
「そう ここ。ここに来てお花を見ると癒されるのよ~。」
フェンスにしがみつきながら つぶやく背の高い女の子。
(最近の小学生は お疲れなのですね。)
「一度中からお花を見てみたいんですけど いいですか?」
背の高い女の子は 積極的
「いいよ♪ どうぞ~」
「ラベンダーがある  いちごもあるんだぁ・・・・」
しばらくお花の話をしたり  だだちゃさんにラズベリー取ってもらって
5つぐらい食べたことなどを 二人は話してくれた。
庭のあちこちに雑草のようにはえているワイルドストロベリーを 帰りに
おみやげにあげたら大喜びで帰っていった二人。
5分もしないうちに 植木鉢に植えて見せに来た。
「こんなのでいいですか?」
(あれ?この土なんだか臭い)
水をやってみたら 水がはけない。
「この土どこの土なの?」
「公園の土です。木の下の土は栄養があるかな?と思って
葉っぱの腐ったのも入れてみました。」
「そうなんだぁ~(^.^) よく考えたね。」
「でも ほら 水がぜんぜん抜けないでしょ。
あなたちが ずーっとプールにもぐってるとどうなる」
「苦しくて死んじゃう。」
「そうなの 植物も水の中で死んじゃうの。うちの土と取り替えてあげるね。」
「ありがとうございます。」(なんか得したね)とつぶやいている二人
「水は毎日ですか?」
土が乾くまであげないでね。指をね、こうしてプスッと差し込んで
指が濡れなくなったら たっぷり水をあげていいからね。」
「ありがとうございました~♪」

ふふふ  (^.^) 二人は無事ワイルドストロベリーを育てることができるかな?

|

« パンジー&ビオラ (4月前半) | トップページ | ぎゅうぎゅうづめの多肉 »

コメント

mail じょいままさんへ
だだちゃさんが播いた種なのに 私が「ありがとう」と言われて得した気分です。
こういうことが よくあるので、だだちゃさんにはうらやましがられます。(笑)
女の子たちは うれしそうに大事そうに鉢をかかえてかえりました。
その様子がとってもかわいかったです。私は娘がいないのでそんな後ろ姿をみると
(´ー`*)。・:*:・ポワァァンうっとりしてしまいます。


mail mi87さんへ
垣間見えましたか?この業界では 私はまだまだ未熟者のです。おはずかしい。
現場では、「しゃべりすぎない おしえすぎない」を目標にしているのですが
ついつい しゃべりすぎ おしえすぎ、考えない人たちを育ててしまっています。
mi87さんのお家にやってきたお花たちはどんな子たちかなぁ~♪

mail ネモフィラブルーさんへ
ついつい仕事のくせで 子どもには 親切でなくなります(^^ゞ ポリポリ...
大人の方なら最初から土も入れて 大きいワイルドストロベリーをさしあげるのですが、
子どもたちには 困ったり悩んだりさせたくて
土から掘りあげたのをそのまま渡してしまいました。
土を落とすまいとティッシュにつつんだり 土を探したり・・・
いっぱい考えている子を見るのが大好きなんですよ(笑)
プライベートでは 捨ててしまいたい職業なのですが、だめですね。


mail orengeさんへ
花たちは いろんな人の心を動かす力をもっているようです。
植物ってすごいなぁ~って思います。
お花見ポイントというほど 庭が広いわけではないのですが
1年草中心の花壇は 冬季なにもないのに 春になったとたん
急ににぎやかな庭に変身しますから
子どもたちも びっくりするのかもしれませんね。


mail となりのとまとさんへ
>ガーデナー冥利につきますね。こうして、心が育っていくんだなぁと思いました
そうですね。ガーデナー冥利につきますね。種をまいたのはだだちゃさんなのに
おいしいところだけ つれづれが頂戴してしまいましたが(笑)
子どもたちは いろんなところで刺激を受けながら育っていくのでしょうね。


mail けろりんさんへ
ハーブって不思議です。何度植えても根づかないものも多いのに
このワイルドストロベリーは どんどん増えるんですよ。
肥料もあげないし踏まれてたりするのに・・・。
欲しいですか?いくつか掘りあげておきますよ。
少し根がしっかりしたら送ってさしあげますね。もう少し待っててください。
ハーブコーディネーターの勉強にも役立つと思いますし(^.^)


mail oasisuさんへ
>お花が好きなこの子達はなんて心が豊かなんでしょう!
そうですね。感じのいいしっかりしたお嬢さんたちでした。
挨拶もちゃんとできて、感心しました。
ワイルドストロベリーは 実がおいしいので ぜひ大きく育てて
実を食べてほしいです。
そう言えば 一時期 幸せを呼ぶ植物として話題になりましたね。
わが家に幸せの笑顔を運んでくれたワイルドストロベリーです。


mail Happyばあばさんへ
私の住んでいる団地の奥に 新しい住宅地が開発されて
若いファミリーがたくさん引っ越してこられたようです。
日当たりのいい西花壇は 道路に面しているのですが
そこが 奥の団地の子どもたちの通学路になっているので
花好きの子は 気になってみてくれてたんでしょうね。
思いがけない訪問者に 笑顔の一日でした。


mail ハッコさんへ
>なにかトラブル発生したら、二人で飛んできそうです
そうですね。とんできてくれそうです。(^.^)
平日は仕事で家にいないので土日に来てくれるといいな。
女の子は みんな積極的でしっかりしていて 頼もしいです。
私は娘を育てたことがないので 女の子には緊張するのですが
孫がいてもおかしくない年齢に近づいてきたので
女の子への対応にも 余裕がでてきました(笑)

投稿: つれづれより みなさんへ | 2008/04/14 15:00

つれづれさん、こんにちはhappy01
ご主人のまいた種が、素敵な出会いを咲かせましたね。
優しい人の周りには、優しい気持ちが集まるんですね。
私も、とっても癒されましたwink

投稿: じょいまま | 2008/04/14 11:19

つれづれガーデンはお花見スポットでしたか♪ 
子どもたちとのやり取りがつれづれさんを垣間見させてくれます。
こうやって、理由を考えさせてくれて、教えてくれる先生が
1番必要な今のmi87の業界。つれづれさんを見習って(大きな子どもたちですが)育てないと…!と(笑) 

土曜日お花をいくつか買ってきました。しばらく楽しませてもらおう♪♪♪ 

投稿: mi87 | 2008/04/14 09:39

教室のつれづれ先生(先生は嫌だってば?)が垣間見えて、ほほえましい光景ですね。
私も子供頃、近所の花好きおばちゃんのそばで、作業を見ていましたっけ。
花壇にでて作業をしていると、大勢の人が話しかけてこられますが、うちの場合は、ほとんど高齢者のかたです。
きょうはいいお天気らしいので、またおじいちゃんやおばあちゃんとお話してきます。ではでは。

投稿: ネモフィラブルー | 2008/04/14 08:34

桜が満開で、パンジーやビオラもいろいろ咲き出して、いっきに春爛漫になりましたネ
ラズベリーが仲をもった、かわいい訪問者ですネ♪
これだけのお花が次々に咲けば、ホントにお花見ポイントですョ
私も、近くならきっとボォ~とお花見させて頂いちゃうことでしょう♪
ワイルドストロベリーのその後も、報告に訪れるでしょうネ
お花の輪が広がっていくような感じがしていいですネ(^o^)丿

投稿: orenge | 2008/04/14 02:22

happy01ガーデナー冥利につきますね。
こうして、心が育っていくんだなぁと思いました

投稿: となりのとまと | 2008/04/13 23:24

なかなかうれしいお客様ですねhappy01
きっと上手に大きくして、「実がなりました~」って持ってくるかも。
私も欲しいです、ワイルドストロベリー。何回か育ててました。雑草のようにはえてるんですか?うらやましい~!

投稿: けろりん | 2008/04/13 22:51

つれづれさん こんばんは~。
お花が好きなこの子達はなんて心が豊かなんでしょう!そして優しいつれづれさんにお会いして 親切に教えていただき きっとお花大好きな大人に成長なさいますよ。
お花を愛し友達も愛せる子供たちは いじめ とは無縁であって欲しいと思います。

投稿: oasisu | 2008/04/13 22:07

かわいいお客様ですね。
いつも外からきれいだな~と見てたのでしょうね。
私も鉢持って教わりに行きたいで~す。

投稿: Happyばあば | 2008/04/13 21:59

ご近所でも有名な「お花見ポイント」なのですね。ステキです。
オトナも子どもも、お花を見るとうれしくなるのは一緒なんですよね。再確認しました。

ワイルドストロベリー、きっと元気に育ちますよ~。
なにかトラブル発生したら、二人で飛んできそうですhappy01

頼もしい「お花のお師匠さん」に出会えて、二人の少女はしあわせですね。

投稿: ハッコ | 2008/04/13 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パンジー&ビオラ (4月前半) | トップページ | ぎゅうぎゅうづめの多肉 »