« 読書 | トップページ | 「偽」 ブルー&ホワイト? »

ボランティア

先日 実家の父がゴルフのうちあげで留守にしているときに
えびつのおばばさん(実家の母・75歳)と話をしました。
父が留守のとき 母はいつもより長話しですので 私も近況報告の長話をします。
幸い お互いが IP電話なので 電話代は0円。
親元から遠く離れてくらす 親不孝娘にも ありがたい 世の中になりました。

おばばさんのボランティア活動のひとつで 読み聞かせがあるのですが 先日
6年生の読みかせに 椋鳩十さんの「モモちゃんとあかね」を読んだというので
どんな本か、電話で話をききました。後日送ってもらったのですが
読むと25分ぐらいかかる物語で 物語のわりに絵がたくさん入っているので
絵本の読みかせのように扱えてよさそうでした。
私は最初、松谷みよこさんの「モモちゃんとあかねちゃん」かと思っていましたが
椋鳩十さんの本にも違う話で(猫と女の子)似た題名の本があるのですね。
高学年の読み聞かせは 本の選択がむずかしそうです。適当な本が私の
頭にはまったく浮かびません。息子が6年生になったころは もう読み聞かせは
していませんでしたから。

おばばさんは、読みかせの他に
町主催の「独居老人の方へのお弁当配り」のボランティアもしています。
活動が始まった時から参加しているので 20年続けているのだそうです。
20年・・・(@_@)す・すごい!私には真似できそうもない・・・。
作るのも 車を運転するのも お弁当を手渡すのも みんなボランティアの人。
(母は手渡す人です)20年も続けていると 手渡しにうかがって 手渡せない状況に
なっているお年寄りと 遭遇することもあったそうです。

活動の年末ご苦労さん会で
おばばさんは、生まれて初めて ヽ(^o^)丿万歳三唱をしたそうです。
そういう めだつことと 無縁の母なので、娘としては 見てみたかったなぁ~。
「(万歳の前に言う挨拶の)原稿を下書きしてお父さんにみてもらったんよ。」
「大きい声が出てたって、みんなに ほめられたんよ~♪」
と うれしそうでした。
よし、今度帰省した時は 夕食の後におばばさんの万歳三唱でしめてもらおう!

75歳のボランティアが、同世代の人のお弁当を配る・・・。
日本の高齢化社会が ここにも。
「そろそろ 若いひとにボランティア活動をしてもらったらいいのに。」つれづれ
「そうなんやけどね、60代のリタイヤしたばかりの人は まだまだ忙しそうなんよ。」と母
配る人たちが歳をとっていくと この活動は民間委託になるかもしれません。
お弁当の値段も上がってしまいそうですね。

母が お弁当を受けとる側ではなく、
いつまでも 元気に配る側にいることを 願う私です。

|

« 読書 | トップページ | 「偽」 ブルー&ホワイト? »

コメント

>地域で4年間子ども達のために読み聞かせをしていた
>mi87おかーちゃんを思い出しました。
mi87さんのお母さまもすてきな方ですものねぇ~♪
地域にちゃんと自分の居場所があるって すごいことですよね。
>・・・今回は手術しなくて済みそうです(苦笑)
そんな 手術なんてこわいこと言わないでぇ~。
体あっての自分ですから。無理しすぎないでね。

>今年は働き始めてから初めて実家で家族そろって
>お正月が迎えられます。お嫁さんさまさまです♪
お嫁さんといえば 大島紬のお話しを思い出します。
笑顔いっぱいお正月が やってきますね。

投稿: つれづれより | 2007/12/20 13:32

えびつのおばばさま本当にすてきなおかぁさまですね♪
地域で4年間子ども達のために読み聞かせをしていたmi87おかーちゃんを思い出しました。やれることを極当たり前のように協力してくれるこの気持ちが地域を支えているのですね。

つれづれさんご心配おかけしてます。何とか痛みも終息しつつあります。今回は手術しなくて済みそうです(苦笑)
今年は働き始めてから初めて実家で家族そろってお正月が迎えられます。お嫁さんさまさまです♪

投稿: mi87 | 2007/12/19 21:24

*ハマダさんへ
>見習わなければと思いつつ自分のことで精一杯の毎日です。
私もそうです。ましてや母の年齢のときに、自分ができるとはとても思えません。
母たちの世代、(昭和一桁)はすごいです。
万歳三唱には びっくりでしょう~。でも 海老津の家族の中で実は
母が一番大胆でやんちゃな人です(笑)
お仕事に受験生の母にと 来年は一段とお忙しそうなハマダさんですね。
親たちのためにも子どもたちのためにも、お互い元気に頑張りましょう~♪

投稿: つれづれより | 2007/12/18 23:38

もう大掃除も終わらせられたとのこと、羨ましいです。私は掃除も苦手でやり出すとあれこれやるのですがギリギリまで伸ばすタイプです。今年はせめて床磨きだけでもやっておこうと計画はしているのですが。

お母様は本当にいつもいつも誰かのために何かされていて凄い方だと常日頃感じています。岡垣町は比較的ボランテイア活動が活発な地区だと感じていますが特にお母様がこんなにできる源は何かなあ見習わなければと思いつつ自分のことで精一杯の毎日です。
お母様が万歳三唱されたなんて、私も聞かせて頂きたかったです。お話も聞きたかったです。今度くすの木でもしていただけないかうかがってみます。

仕事でも読み聞かせでもクリスマス行事が終わったので何だかクリスマスが終わったように気が抜けています。だからこそ新年を迎える準備を始めなければなりませんね。
我が家も来年は受験生が一人いて気が抜けませんが毎日元気で楽しみたいと思います。つれづれさんもお元気で楽しい年末年始でありますように。長々とすみません。

投稿: ハマダ | 2007/12/18 18:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書 | トップページ | 「偽」 ブルー&ホワイト? »