« 蔵王のお釜に到着 | トップページ | 夏の蔵王 »

山形市野草園

家族旅行の行程は
8/25)仙台自宅→山形市野草園→蔵王温泉(泊)
8/26)→鳥兜山→ドッコ沼→お釜→桃の直売所→自宅

Img_4171_2旅の途中で山形市野草園
の近くを通ったので
立ち寄ることにしました。
仙台市野草園より
スケールが大きく
植物の種類が豊富。


Img_4161

開花中の花の種類は少なかったのですが、森林浴気分で散策できて気持ちよかったです。
雲一つない青空でしょ(^.^)→
Img_4141
高校生は虫を観察中!
高校生は四つ葉のクローバーを捜索中
Img_4146
バッタが疲れて飛べなくなるまで
追いかけて 写真撮影したのは
けっさん

Img_4163野草園できれいに咲いていた花たち。

オミナエシの花畑は
黄金色に輝いていました。

              ルリタマアザミの青は
              いつ見ても涼しげ。


              Img_4167_2
                                     

野草園には昆虫もいっぱいいて 楽しい~♪
20070825_024_2 Img_4158
アゲハ                                                    イトトンボ
20070825_006 20070825_017
オニヤンマ                                             たぶん ミドリヒョウモン

花好きの私には楽しい場所も、高校生や大学生には
つまらない場所だったかな?と 心配しましたが
那須そだちの自然児たちは 童心に帰ったように
チョウやトンボを追いかけては カメラにおさめていました。
野草園の中には小川や小さい池も 至る所にあります。
オニヤンマの産卵シーンにも立ちあえました。

|

« 蔵王のお釜に到着 | トップページ | 夏の蔵王 »

コメント

*ゆ さんへ
夏の終わりでもあり 秋の始まりでもある
中途半端な時期ですが 花も虫も元気そうに
していましたよ。
野草園というより 雑草園というぐらい
雑草も元気でしたが、よく考えたら雑草も
野草だわ・・・・ということで 納得しました(笑)
写真は綺麗ですが やはり本物にはかないませんね。
トンボを手にとまらせて遊んでいる息子たちは
楽しそうでしたよ。

投稿: つれづれより ゆ さんへ | 2007/08/28 11:14

おみなえしは、秋の七草の1つですね。
どこまでも黄金色が続いていますね。
どの写真もきれいですね。図鑑みたいです。

投稿: ゆ | 2007/08/28 08:12

コーラルさんのところは 野草園なみに
自然がいっぱいなのですね。
いいところなんですねぇ~(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
いつか いつか お訪ねしたいです。

投稿: つれづれよりコーラルさんへ | 2007/08/27 22:30

*だだちゃさんへ
よい子の皆さん、正しくはドッコ沼
「独鈷(どっこ)沼」
独鈷とは修験者が呪術を行うときに用いる道具
修験者がこの沼の龍神を静めるために独鈷を
投げ入れたというのが 名前の由来。
「潜って探してみるか・・・・」とか言ってたのは
どこのだれでしたっけ?

投稿: つれづれよりだだちゃさんへ | 2007/08/27 22:27

つれづれファミリーのみなさん、お帰りなさい!
この昆虫たち、うちの廻りに住んでますよ。
オニヤンマも池で産卵してました。
田舎に行かなければ会えない生き物たち。
やっぱり、とんでもない田舎ですね。

投稿: コーラル | 2007/08/27 19:40

トットコ沼、
昔、ハム太郎が龍神を呼んだと伝えられる沼。

投稿: だだちゃ | 2007/08/27 17:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蔵王のお釜に到着 | トップページ | 夏の蔵王 »