« 東北なのに・・・ | トップページ | 読みごたえあり »

だだちゃ豆がやってきた

Img_4081_2 Img_4082_3
楽しみに待っていた 早生の白山産だだちゃ豆がやっと 届きました~。
400gが2袋 冷蔵で届いたので さっそく 茹でて いただきました。
茹でている時から いい香りです!
茶豆は味が濃いのですが、だだちゃ豆は 期待を裏切らない味でした。
豆の香りと味が濃い! 食べ始めたら やめられない♪ とまらない~♪


20070812_003_2 だだちゃ豆は
普通の枝豆より小さめで
薄皮は薄茶色。
仙台で売っている茶豆と
にていますが
さすが取り寄せただだちゃ豆は
一粒が大きかったです。
一さや3cmぐらいの大きさ


【引用文】

だだちゃ豆(だだちゃまめ)とは、大豆の銘柄の一つ。枝豆用として優れている。さやの毛が茶色で、くびれも深く、見栄えは必ずしも良くないが、甘味と独特の濃厚な風味を持っている。香りも強い。やや小粒の状態で出荷され、短めの時間で茹で上がる。生産地が限られ、収穫期も短く、また、保蔵も困難だったため、長らくまぼろしの豆と呼ばれたが、近年の輸送手段の向上等により全国的に知られるようになった。山形県鶴岡市の特産品。従来生産地が鶴岡市白山(しらやま)集落を中心とした大泉地区に限定されていたが、近年になり山形県酒田市の鳥海山山麓にて、風味を失うことなく栽培することに成功した。ただしこれは例外的で他の地方で生産すると味が落ちるという事でJA鶴岡としては商標権の問題があり、他地方で生産しただだちゃ豆はだだちゃ豆として販売しない様に要請している
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

|

« 東北なのに・・・ | トップページ | 読みごたえあり »

コメント

*ゆ さんへ
はい!ついにやってきました。着くなり 湯がいて食べました。 長男のために冷凍もしましたよ。今日 長男が帰ってきたので自然解凍して食べさせましたが 味の濃さは そのままでおいしかったです~。
ただ やはり白山のだだちゃ豆は 高すぎです(T_T)。
来年は自宅用には買わないと思います。贈答用オンリーです。
仙台茶豆も そこそこ味が濃くておいしいですから。地元の茶豆で満足します。

投稿: つれづれより ゆ さんへ | 2007/08/19 00:40

*chiyomiさんへ
関西は今日もまだ 暑そう。野菜たちにとって 過酷な夏になってしまいましたね。もちろん お世話するchiyomiさんも 大変そう・・・。
私の勝手なイメージでは chiyomiさんは 女性らしい きゃしゃなイメージなので ポンプで水やり・・・と聞くとそんな力仕事をして大丈夫なのかしらと心配になります。
黒豆さんたちは きっとchiyomiさんの思いを受け止めて実ってくれることと思います。ファイト!です。だだちゃ豆と黒豆の枝豆 食べ比べて見たいものです。勝ち負けというより 味わう幸せに浸りたいです。どちらもおいしいに違いないんですもの。
山田屋さんの富貴豆は 有名ですよね。私は那須でお友達にいただいて食べたことがあります。豆の一つ一つがしっかりして上品な甘さでしたよ。仙台に来て初めて山形に言った時は「まめや」さんの富貴豆に出会いましたこちらも 実はかなり有名なお店でおいしいんです~♪お豆さんがやわらかくて ホコホコってしています。あぁ~思い出してもよだれが・・・。

投稿: つれづれよりchiyomiさんへ | 2007/08/19 00:32

ついにだだちゃ豆がつれづれさんちにやってきたんですね。
写真を見ると、本当に一粒が大きいですね。

期待を裏切らない味でよかったですね。
我が家にはお高すぎるので、当分食べられそうにありません。
そういえば、うちの隣の地区にもおいしい茶豆があると聞いたことがあります。先ずはその茶豆を食べてみたいです。

投稿: ゆ | 2007/08/18 14:18

丹波黒大豆の本場生まれのchiyomiさんには、だだちゃ豆のおいしさが気になっていました。
一説には丹波産の黒大豆よりおいしいと書かれているのを見たことがあります。これは試食してみたいと思いながら、黒豆を作っているのにもったいないと思ってしまうchiyomiさんです。実家のある川北は、丹波の中でも黒豆の一番おいしいとされているところなのです。
黒豆の紫色の花が咲きそろいかけました。今の時期に雨がないとせっかく咲いた花が枯れてしまいサヤをつけません。毎年お盆のころが勝負時です。7月の台風の時からもう1カ月あまり雨が降っていないので、実家に行くたびポンプで水やりをしていますが毎日怖い程の猛暑です。ますます農家のオバさんらしくなっています。(笑)
だだちゃ豆でビールを飲みたい気持ちです。
もうひとつ、山形の山田屋さんのふうき豆一度は食べてみたいと思っています。つれづれさんはもうめしあがったことがありますか?

投稿: chiyomi | 2007/08/17 23:28

*日向夏さんへ
栃木にいるときも だだちゃ豆は見たことも
聞いたことがなかったので まだまだ知名度は
低いのでしょうね。
今回私は 清川屋さんの通販で買いましたが
最近はいろんなところでネット販売している
ようです。

投稿: つれづれより日向夏さんへ | 2007/08/14 09:41

 『だだちゃ豆』は宮崎には売っていないですね。この前、食べた枝豆の味がなんとなく例の「仙台のお菓子、餅?」の味に似ていたけど、枝豆袋には九州産と書いてあり、残念でした。ビールのつまみにすればさぞ満足でしょうね。

投稿: 日向夏 | 2007/08/13 19:51

*由莉ままさんへ
作りたて取り立ての枝豆のおいしさを知っている
由莉ままさんなら きっとこの味は気に入ると
思いますよ。もし 夏に東北物産展などがある時は
気にかけてみてください。
このおいしさは ただものじゃないですから。

投稿: つれづれより由莉ままさんへ | 2007/08/13 16:04

だだちゃ豆って、由緒正しい豆なんですね。
なんだか、これでおいしくないわけはない!っていう期待感が高まります。

自家採取の枝豆の甘みとしっかりした香りを知ると、普通の枝豆って物足りないきがするので、機会があれば食べてみたいです。

投稿: 由莉まま | 2007/08/13 12:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東北なのに・・・ | トップページ | 読みごたえあり »