« 園芸記録2007年7月1週 | トップページ | 2008年春の庭 レイアウト »

ラズベリー少年

先週の火曜日
菊桃あたりの 草取りをしているとガヤガヤと子どもたちの声がします。
立ち上がって 子どもたちの方に目をやると
「鳥は まだ来ますか?」と3年生ぐらいの男の子
「メジロは最近来ないけど スズメの親子はよく来てるよ~。」
そうなんだ・・・というような顔をして男の子は 通り過ぎていきました。

ああ 思いだした!
あの子、冬に 鳥の水飲み用陶器皿 を指差して
「あれは なんですか?」って 聞いた子だぁ~(*^^*)

この日は 子どもに縁のある日だったらしく
その後、自転車置き場の草取りをしていると
なにやら 小さな人影が フェンスそばにチラチラ見えます。

(ん? だれ?)
そ~っと 近づくと
黄色いランドセルカバーをつけた(1年生の印) 男の子が
もぐもぐ 一心不乱に ラズベリーをつまんでは 食べていました。
目があったとたん 男の子は 固まってしまったので
「だいじょうぶ 食べていいよ。」
と言うと、こくんと うなずく

Img_3801razuberi_1  「一番赤いのを食べるといいよ。
黄色いのは酸っぱいから・・・」と言うと

はい。」
やっと声がでたらしい。
それでも まだ緊張している様子なので
高いところにある 真っ赤なラズベリーをわたすと
ありがとうございます。」
すこし元気な声
「いつでも 食べていいんだからね。」
はい
思わず 笑みがこぼれたひとときでした。(*^^*)
近所の方から 「女の子がラズベリーをつまんで食べてたよ」という話は
聞いていたのですが 今日の子は男の子。うわさが広まったのかな?

****************************************************

そして 今日
ラズベリー少年が
なんと 5人も友だち(男の子ばかり)を 引き連れて やってきました。(全員1年生)
(みんなランドセルをしょってるってことは 学校帰り?寄り道ってヤツかしら。)
こっそり 見ていると
ラズベリー少年は みんなの前でちょっと自慢げにラズベリーを指差すと
フェンスに飛びつき 背伸びしながら 高いところの赤いのを つまんで食べました。
他の子たちは (だいじょうぶなのかぁ~)と心配そうな顔
あの カチンコチンに固まっていたラズベリー少年が
今日は 親分みたいな顔をしている。(*^^*)
(あぁ~ これだから 子どもっておもしろい!)

「赤いラズベリーはね もう終わりなの。
ほら隣りにある黄色いラズベリーをたべてごらん。黄色いけど 甘いのよ。」
おばさん登場に 5人は ギクッΣ(゚д゚;) 言われるがままに手をのばしパクリ

「うま~い(*゚▽゚)ノ
(゚▽゚*) おいしい」

と言いながら 我さきにと、イエローラズベリーの争奪戦開始
あっという間に 手の届くところのラズベリーは なくなってしまいました。
でも  こういう時 ぜったい一人か二人は 出遅れて 食べそこなうのよねぇ~
「まだ 食べてない人いる?」
「ハイ・・・」「ハイ・・・」
( ほら やっぱりね~ )
「二人いるのね。はい、じゃぁ 取ってあげるから 食べな。」
「ありがとうございます。」
6人の中の一人が 何を思ったか
Img_3874 ブラックベリーのところにかけよって
←「これ もう食べれますか?」
( 子どもって 好奇心旺盛だわ。
いいねぇ。よく気づいたねぇ~(*^^*) )
「それはね ブラックベリーだから
真っ黒にならないと食べられないの
もう少し待っててね。」
「はい」
「さぁ!今日はもう 終わり
遅くならないうちに帰りなさい。」

「は~い。ありがとうございました~」全員
( 挨拶もちゃんとできて いい子たちやわぁ~(*^^*) )

******************************************************

日曜日 だだちゃさんが ブラックベリーのアーチを幾本かほどいて
フェンスに誘引しなおしました。だだちゃさんは 何も言わないけど
理由は一つ
アーチに実ったのものは 子どもたちの手に届かない。
だから 通りすがりの子どもたちの手に届くように
フェンスに 誘引しなおしたに違いないのです。

だだちゃさんの 思いは 不思議と子どもたちに届くらしい・・・
6人の男の子が ブラックベリーを食べにやってくることは間違いありません。
よかったね だだちゃさん!
(*^^*) 苦労したかいがありそうよ。

|

« 園芸記録2007年7月1週 | トップページ | 2008年春の庭 レイアウト »

コメント

*ゆさんへ
子どものママたちが ゆさんみたいな人だったらいいなぁ~。
喜んで「お母さんもつまんでくださ~い♪」って言っちゃいますよ。
子どもさんが持ってきてくれた桑の実、美味しかったでしょう。
やさしい気持ちがうれしいですね。
だれでも 気軽に遊びにこれる オープンなお庭でありたいと思って
います。

投稿: つれづれよりゆ さんへ | 2007/07/12 15:13

わたしなら、どこどこ?と聞いて一緒につまみに行きますよ。
そして、いつもありがとう!とお礼も言いたいなあ。

今年は何度も桑の実のおみやげを持ってきてくれて、うれしかったなぁ。

小学生の頃、学校の目の前の畑にさくらんぼの木があって、先生にとって食べないように注意されていたのに、赤くなるとみんな食べていました。
食べるなと言われても目の前にあったらねえ。
この前何十年ぶりかで通ったら、とうもろこし畑に変わっていました。

投稿: ゆ | 2007/07/12 10:43

*セルラーさんへ
東北の子は素朴なのかな?
それとも この子たちが
たまたま好奇心旺盛なのかな?
いずれにしても
花壇の植物が虫に食べられても
病気になっても薬はまけません。
夜な夜なヨトウムシ取りおばさんは
続きそうです。


投稿: つれづれよりセルラーさんへ | 2007/07/11 20:44

今でもこう言う出来事があるのですね。
素直な少年達と、優しいオバちゃん。
忘れ去られていた日本!っていう感じです。
こう言う事って大人になっても忘れないですよね。

投稿: セルラー | 2007/07/11 16:21

*じょいままさんへ
じょいままさんが想像したのと、たぶん同じことを
昨日の夜 夫婦で話しました。
子どものママたちは 話を聞いて
「よそんちのものなんか 食べちゃダメよ!」とか
「本当に、食べても、だいじょうぶなのかしら・・・」とか
「洗ってもらったの?」とか 言ってるんじゃないかと思います。
(明日あたり『うちの子にへんなもの食べさせないでください!』
とか言って怒鳴り込まれるかもよ。だだちゃさんどうしよう・・)

私が親でも 知らないおばさんだと 心配になるかもしれません。
いつママたちが やってきてもいいように
庭の手入れと 私の身なりはきちんとしてないとまずいかしらね。
明日から 化粧しよう! と思った つれづれでした。

投稿: つれづれよりじょいままさんへ | 2007/07/11 12:53

つれづれさん、こんにちは!

日本の懐かしい3丁目が、ここにもありました(笑)
子供たちは家に帰って、親に話すかしら・・・
「それは良かったね」と言ってもらえたかしら・・・

ご夫婦の優しい気持ち、伝わるといいですね。

投稿: じょいまま | 2007/07/11 12:36

*マウンチョ!!さんへ
この家は 家のまわりが全部フェンスなので
いろいろできて便利です。
子どもたちが つまんでも大丈夫なように
今年は薬をまいていませんから これから
こどもたちは 巨大な毛虫とも(去年10cm
ぐらいのがいました)遭遇するかも・・・
ハラハラドキドキ でもおいしいガーデン
めざして がんばりま~す。

投稿: つれづれより マウンチョ!!さんへ | 2007/07/11 10:38

*mi87さんへ
夏と少年とラズベリー
私にも夫にも いい思い出になりそうです。
これから 子どもたちがわんさか押しかけて
きたら どうしましょうね。
家のまわりをみんなベリーだらけにしそうな
勢いのだだちゃさんなのですが
私は花を たくさん植えたいのに・・・。
困ったわ(ーー;)

投稿: つれづれよりmi87さんへ | 2007/07/11 10:33

*となりのとまとさんへ
ラズベリーは お店で生を売っていませんから
どの子も 初めて口にしたようです。
酸味と甘みが 取れたてはとくにほどよい感じ
なので 子どもたちは すごく気に入ってましたね。
汗をかいて走り回るあの年代には ぴったりの
果物かもしれません。

投稿: つれづれよりとなりのとまとさんへ | 2007/07/11 10:28

*けろりんさんへ
さすが 熊本!キンカンですか・・・♪
キンカンも つまんで食べると
おいしいでしょうね~。
かなりのぜいたくな つまみ食いですね。
子どもたち 私のことは 覚えてないと
思いますよ。目がラズベリーにくぎ付け
でしたもの。

投稿: つれづれよりけろりんさんへ | 2007/07/11 10:23

朝から ほのぼのいいお話でした、、感謝です♪
学校の帰り道、つれづれさんのお宅は、子供達のオアシス。。
大人になっても 忘れられない思い出になりますね・・・。
ただちゃさんも 本当に優しいんですね。^^*

投稿: マウンチョ!! | 2007/07/11 09:29

うにゃぁ~なんてすてきな夏♪ 少年の夏は輝いた記憶として小さな胸にしまわれますね きっと!
やさしいおばちゃんかぁ~ いいですね
だだちゃさんも つれづれさんちはほんとにあったかい(^^♪ 今夜も元気をもらったあたしです
子どもって本当にかわいい!

あたしの記憶は…ご近所のトマトやいちじくでした

投稿: mi87 | 2007/07/11 00:45

かわいい、かわいい。
つれづれさんも ステキです!!
この子たちはきっと忘れないですよね。
大きくなった時、きっと思い出します。
学校帰りに友達とラズベリーを摘んで食べた事、
その味、香り、ワクワクする楽しさ、
そして、優しく話しかけてくれたオバチャンの事。

投稿: となりのとまと | 2007/07/11 00:22

子供の頃を思い出します。
黄色いキイチゴ食べてました。おいしかった~!あとキンカンとか。
子供達きっとず~っと覚えてますよ。
あそこに優しいおばちゃんがいたなぁ~って

投稿: けろりん | 2007/07/10 23:12

*札幌の隣町で 牛のいる停留所から
バスで三つめのところに住んでいるペコラさんへ

クソババア!とののしられる職業って・・・何?
妄想でめまいが。
子どもたちは、あんがい昔と変らない感性で
生きてるんだなぁ~と思いました。

投稿: つれづれよりペコラさんへ | 2007/07/10 21:47

か~わい~素敵~そういう出会い~!!私は職業柄クソババア!とののしられる(笑)職業なのでうらやましいです!!きっと大人になってもずーっと記憶に残ってますよ!それで、夏の味の記憶になるの・・・(うっとり)私は札幌の隣町に住んでいます。バスで三つ目の停留所に牛がいます。

投稿: ペコラ | 2007/07/10 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 園芸記録2007年7月1週 | トップページ | 2008年春の庭 レイアウト »