« 道路からのぞいたら そこはジャングルだった? | トップページ | PTA研修 »

桑の実が

小学校5年生の時に 母の友人からもらった「ギリシャ神話」
そのさし絵に 子どもながらに衝撃を受けた私でした。
ほとんど絵本は いろんな方にさしあげましたが
この本だけは ずっと私のそばにいます。
そのさし絵を描いたのが 「司 修」
松谷みよ子さんの 絵本のさし絵をいくつか描いていらっしゃるので
知っている方もいるかもしれません。
「ぼうさまになったカラス」や「ふたりのイーダ」も司 修さんの絵です。

そして 松谷みよ子さんも 大好きな絵本作家です。
彼女の本の「語り」 が好きで たとえば 「さるかに」に でてくる
「かきのみが ざらんざらんとなりました。」というところなどは
とくに 好きです。

図書館司書になる勉強をしながら 絵本専門店に勤めるのが
夢だった私は 松谷みよ子さんや 古田足日さんらの 講演会を
聞きながら 夢を膨らませていたことがありました。
昔むかしのおはなしです。
あらまぁ~話が すっかりそれましたが、今  庭で

桑の実がざらんざらんと なっています。
真っ黒になった実を食べると さっぱりとした甘さで
いくつでも 食べることができそうです。

Img_3730 ほっておくと 大きくなってしまうので
毎年気を使いながら剪定をしています。
古い桑の木からは
とてもいい木魚ができるのだと
のーさんに教わったことがあります。
うちのでは まだ、もくぎょの 「も」にも
なれそうにありませんが・・・
20070609_005_1

|

« 道路からのぞいたら そこはジャングルだった? | トップページ | PTA研修 »

コメント

*ゆさんへ
ゆさんが育った環境はものすごく
恵まれた環境だったのですね。
仙台の街場の子どもたちは ダンゴムシも
見たことがなくて 遠足でダンゴムシを
見つけて狂喜乱舞していました。
屋外のツツジやサルビアも いつどんな
薬を撒いているかわからないので蜜を
吸わせるわけにはいかないし・・・
もっと学校の環境を自然豊かにして
くれればいいのにと いつも思いますが、
先生たちはみんな忙しくて大変そうで・・・。

投稿: つれづれよりゆ さんへ | 2007/06/18 09:02

小学校の敷地に桑の木があったので、桑の実も食べましたが、それ以来口にする機会がないです。
学校では、蚕も飼っていたのも思い出しました。
子どもの頃は、学校帰りにいろんなものを食べていました。
ツツジやサルビアの花をとって吸ったり、コスモスのつぼみも吸っていたし、グミの実も食べました。懐かしいです。

投稿: ゆ | 2007/06/17 22:39

*となりのとまとさんへ
蝶の幼虫は好きですが おカイコさんは
見たことも育てたこともないですね。
シャカシャカいいながら すごい勢いで
桑の葉を食べると聞いたことがありますが・・・。
手に乗せると冷たいと言うのは分かる気がします
アゲハの幼虫も冷たかったような気がします。
子どもたちは小さい頃 アゲハの幼虫を
手に乗せてうれしそうに遊んでいましたが
今では 触れないそうです。 

投稿: つれづれよりとなりのとまとさんへ | 2007/06/17 22:10

やまのはたけの くわのみを
こかごに つんだは まぼろしか♪
そう言えば
そんな歌でしたねぇ。

投稿: つれづれよりだだちゃさんへ | 2007/06/17 21:57

桑の実、今でも時々見かけますが、口に入れる事はありません。子供の頃は、野山で遊んでいては食べていました。
家で飼っていたカイコに桑の葉を取ってきていました。なぜ、カイコを飼育していたのかは覚えていませんが(兄の理科の宿題だったのかしら)、手の上に乗せると冷たくって、可愛かったことは覚えています。

投稿: となりのとまと | 2007/06/16 22:55

桑の実と言えば 赤とんぼでしょう。
実を摘んでいる時にはいつも頭に浮かんできます。
小かごにしたいなぁとか、こんな時間が幻にならない様にとか考えながら

投稿: だだちゃ | 2007/06/16 22:18

*ペコラさんへ
こんにちは~♪コメントありがとうございます。
小学生のころ 口の中が真っ黒になるまで食べたなんて、幸せですね~。
私も子どものころに食べたかったです。
うちの桑は 八房桑といって 実が小粒なんですよ。
真っ黒になるころがおいしいんですけど 熟すと
ポロッと落ちちゃうので 毎朝 桑の実をのぞいては
つまんでます。

投稿: つれづれよりペコラさんへ | 2007/06/16 21:12

*日向夏さんへ
私も 子どもの頃グミはよく食べましたけど、桑の実は大人になってからです。
仙台に来てからは 名取川の河川敷に大きな桑の木があって
次男とよく食べました。それがとてもおいしかったので だだちゃさんが
庭に桑の木を植えたいとHCで買って植えたんですよ。
ブルーベリーほど味はこくないですけど ほどよい酸味でおいしいですよ。

投稿: つれづれより日向夏さんへ | 2007/06/16 21:01

*のーさんへ
那須の桑畑は おかいこさん用でしたから
桑の実がみのる暇はありませんでしたものね。
桑の木は 音がいいんですかぁ~。
でも 木魚にするほどの大きさまで桑の木を
育てるのは大変そうですね。
そうか 柔らかいから木魚に彫刻しやすいんですね。
今の子どもたちにも食べさせてやりたいですね。
学校にも植えればいいのにと 思ったりします。

投稿: つれづれよりのーさんへ | 2007/06/16 20:55

桑の実懐かしいです!小学生の頃、近くの公園に桑の木があって、夏になると真っ黒な実がいっぱいついて重そうだったのを覚えています。もちろん、むしゃむしゃ食べました(笑)口の周りを真っ黒にして家に帰ったので、母がびっくりしてましたよ。でも、葉っぱの裏にカメムシが鈴なりになっており、知らずに握り締めてしまったので、いまだにカメムシがダメです。

投稿: ペコラ | 2007/06/16 19:59

 田舎育ちのくせに『桑の実』は、見たことも食べたこともないんですヨ。幼い頃にほとんどみかけませんでした。いったいどんな味なのでしょう。

投稿: 日向夏 | 2007/06/16 19:46

桑の実、(●^o^●)
大分の親戚に疎開していて毎朝露に濡れた紫の実を口にいれて嬉しかったのを思い出します。
いまの子供たちにもこの味を知ってもらいたいですね。
那須の桑畑で再現出来なかったのが残念でした。それから参考までに桑の木は柔らかで木魚が含みのあるいい音をだします。しかし今は、材料が入手しにくく桑材の製品は、非常に高価で且つ小型の木魚に限定されています。

投稿: のーさん | 2007/06/16 19:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道路からのぞいたら そこはジャングルだった? | トップページ | PTA研修 »