« チェイランサスとパンジーの西花壇 | トップページ | 運転手つき自家用車 »

バラと草花の混植

Img_2928 冬場、西花壇の向かい側は
苗の育苗場所でしたが
4月になって気温も上昇したので
バラの鉢植えたちを大移動!
ばか力爆発の大移動です。
いやぁ~重いのなんの・・・・。

11月にバラの植え替えをしたとき
草花を寄せ植えしておきました。
忘れな草やパンジーやビオラが
すっかり育って・・・
(TmT)ウゥゥ ウレシ~
「みんな、大きゅうなったのう~」

ドロはね予防も兼ねて一石二鳥の混植です。
バラの開花は6月、それまでパンジーや、忘れな草は、
もたないかもしれませんが花たちのバトンタッチがうまくいけば
それもまた狙いどおり!(^_-)

|

« チェイランサスとパンジーの西花壇 | トップページ | 運転手つき自家用車 »

コメント

*由莉ままさんへ
コメント、ありがとうございます。
仙台にも、どど~んと春がやってきましたよ~。
最高気温が10℃を越える日が続きはじめたので
植物たちも、めざめてきたようです。
めざめると、はじけるようにいっせいにさいて華やぐ
東北の春!長い冬もこの季節があるから耐えられるんだなぁ~
と、いつも思います。

投稿: つれづれ | 2007/04/06 14:54

*ネモフィラブルーさんへ
花たちは、日に日にエネルギーに満ちてくるようで
見ている私もわくわくします。
チェイランサスはニオイアラセイトウとも呼ばれ
昔からある花なのですが、あまりホームセンターなどでは
みかけませんね。とてもいい香りがして寒さにも強い花です。
まだ、パンジーにまぎれていますが、もう少しすると
背丈が伸びてめだってくると思います。

投稿: つれづれ | 2007/04/06 14:49

バラと草花の混色、いい感じです。


つれづれさんが帰ってこられて、どど~んと春がおしよせてきた感じがします。
鉢植えの大移動お疲れ様でした。

投稿: 由莉まま | 2007/04/06 12:45

イヨ、待ってました!
お庭の皆さんのお披露目待ってましたよ。
あのたくさんの苗が、どのように庭を飾ってゆくのか、とても楽しみにしていました。
かなり、イメージが膨らんできましたね。楽しみ楽しみ。
チェイランサスってどんな花だっけ。早く咲いてー。
ムムムさんの言われるとおり、お花のこと書いてるつれづれさんの気合いを感じて、本当の春がやっと来たって実感です。

投稿: ネモフィラブルー | 2007/04/05 23:25

*けろりんさんへ
1年草の花とバラの混植は好きで、昔からよくやっているのですが
バラ一筋の方から、20年前は邪道のように言われましたよ。
「バラは『好きなのはあなただけ!』と言って育てないといけない。」なんてね。
寄せ植えなんて言葉もない時代でした・・・。
バラの根を切らないように気をつければ(小振りの花苗がいいですね)
今から植えても大丈夫ですよ~。

投稿: つれづれ | 2007/04/05 21:13

*ムムムさんへ
(^^ゞ そんなに気合いに溢れてますか?おはずかしい~!
なにせ、気合いを入れて重たい鉢を運びましたから・・・。
バラがピンク系なので紫色のパンジー・ビオラを植えています。
5月の連休頃バラが開花してくれると、いろいろ都合がいいのですが
東北は寒いので無理なんですよ(T_T)

投稿: つれづれ | 2007/04/05 20:54

*katzさんへ
こんばんは~♪katzさんちには、いつもおじゃましているのですが、
なにせ料理お菓子作りが苦手な私、コメントは、恐れ多くて・・・(^^ゞ ポリポリ...
1年草の花たちのために、まめに液肥を与えるので、バラの為にもいいようです。
ただ、宿根草は 根がはりすぎるので、植えないようにしています。

投稿: つれづれ | 2007/04/05 20:37

そうかー、バラとビオラ・パンジーを寄せ植えにすれば
いいんだー。こちらでは一緒に咲きそうな勢いですよ。
今からでもやってみようかなー。大丈夫ですよね?
明日は休みなのでやってみようっと(^^)

投稿: けろりん | 2007/04/05 20:11

時間の経過とともに、2重、3重にも楽しめますね。
それにパンジー、ビオラの色合いがきれいですね。
次のバラが咲きだすのですか。羨ましい!
つれづれさんの気合あふれる記事に触れて元気がでるような気がします。

投稿: ムムム | 2007/04/05 19:22

おひさしぶりです~~。

バラと草花の寄せ植えは、いいアイデアですね!
泥跳ねもしないし、水遣りを忘れることもなさそう。
しかも、綺麗に咲いてくれたら、綺麗だろうな~(o ̄ー ̄o)ウットリ

勉強になります!

投稿: katz | 2007/04/05 17:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェイランサスとパンジーの西花壇 | トップページ | 運転手つき自家用車 »