« 山形へ | トップページ | |||||||||●| ̄|_ »

いざ山形へ

いきあたりばったり派の妻に不安を感じたのか
夫は、会社で山形出身の若者たちから、おすすすめスポットをちゃんと
リサーチしてあった。霞城公園・銀山温泉・天童・米沢などなど・・・・。

銀山温泉は魅力的で、二人とも気持ちが、かなり傾いた。
「大石田駅からバスで40分。バスは、1日4本かぁ~」
「無理だわね~」
日帰りには、バスのタイミングが悪すぎ。
しばらく、ネットであれこれ調べていた夫
「もう、めんどくさくなってきた~」 

「やっぱり、山形ついて考えようよ ! 」  つれづれ
いざ、山形いきあたりばったりの旅へGO !

仙山線で鈍行列車(普通)に乗って80分で、山形。(途中、山寺で、桜が見事でしたよ~。リリーフランキーの本もこの日のために読むのを我慢してたので、読書しながらの80分はあっという間です。)車内では、夫婦で
おいしい おそばを食べに「大石田」に行こう !
と、話がまとまり(大石田にはそば街道があるらしい。食い意地のはった つれづれのたっての希望)大石田行きの電車の発車時刻から逆算して、山形市内で2時間過ごすことに・・・・
さっそく山形駅で、観光案内に飛び込み、2時間ルートをセッティングしてもらい。蔵屋敷のある商店街と霞城(山形城)を散策することに。

Copimg_1314_1 商店街で、野菜屋さんに入ると、山菜が私を呼んでいた~
「これ、みたことない。」つれづれ
「それ、コシアブラ」(写真右)お店のお兄さん
さっそく購入、山菜独特の香りと味らしい。すぐとなりにまたまた、見慣れない山菜発見!
「これは?」
「それは、本シオデ。山菜の王様。」
「どうやってたべるんですか?」
「おひたしもいいけれど、1本丸ごと天ぷらがぜいたくな食べ方。東京の料亭では1本で1000円ぐらいするよ。」
なるほど、1パック980円は高価(10本入り)写真左
買っちゃいました~。旅先でなければ、絶対買わない値段です。Copimg_1293_1
しばらく歩いていると,「元祖 富貴豆」の文字発見 !さっそくお店に突撃
グラム売り、富貴豆しか売ってない・・・・
これは、まちがいない。
買いです!

ふうきまめ、大大大大・・・大好きなんです。
子どもの頃、炊いたお豆をリヤカー売りに来る人がいて、いつも母にねだって買ってもらってました。なかでも、青えんどうの炊いたん(の)は、私の大好物。富貴豆って、有名なお菓子だけれど、ようするに、青えんどう を甘く炊いたものですよね。美味しいものをみつけてルンルンのまま、霞城(山形城)で、お城を散策。Copimg_1313_1桜が散っていたのはすごく残念でした。
観光案内ボランティアのおじさん
「写真とりましょうかぁ~」
「おねがいしま~す。」
ツーショットの写真もバッチリ。そのまましばらく、山形の歴史についてお話しを聞きました。
連休の狭間で、観光客もいなくて、山形城独り占め。歴史がわかって史跡を見るのはいいですねぇ~。
この時点で時刻は14時30分。お昼ご飯は食べていません。
はたして、食事にはありつけるのか~
続きはまた明日

|

« 山形へ | トップページ | |||||||||●| ̄|_ »

コメント

*chiyomiさんへ
まめや さんの富貴豆、chiyomiさん好みの
お豆さんでよかったです。
ぜひ 東北にもおいでてくださいね~。
お待ちしています。
あとで chiyomiさんのブログへはうかがって
エンドウのたいたんを 見せていただきますね
(^.^)楽しみ♪

投稿: つれづれよりchiyomiさんへ | 2007/08/19 21:13

つれづれさん ありがと~う!!
まさしくchiyomiさん好みのおまめさんです。
えんどうの炊いたんが大好きなんです。
つれづれさんお暇な時にぜひぜひ2006年7月8日のブログの“えんどうの炊いたん”を見に来てください。待っています。(^o^)
東北地方には行ったことがないので行きたいと一度計画をしたことがありましたが、汽車の本数やあまりにも広くて絞り込めずそのまま流れてしまっていましたが、つれづれさんも電車だったのですね。なんか勇気がわいてきました。

投稿: chiyomi | 2007/08/19 01:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73807/9872742

この記事へのトラックバック一覧です: いざ山形へ:

« 山形へ | トップページ | |||||||||●| ̄|_ »