« |||||||||●| ̄|_ | トップページ | 子供の日 »

いざ山形へ(2)

山形から奥羽本線で、天童・東根を通って大石田へ
途中、さくらんぼの白い花が満開で美しい・・・・。
大石田駅は、ひなびた小さな駅でした。
観光案内所もせま~い。
「大石田で一番美味しいおそば屋さんはどこですか?」
「来迎寺そば作兵衛が有名ですよ。」と、おねえさん

地図の読める夫にくっついて作兵衛をめざす。
不安なのは、この時点で時刻が3時すぎ
こだわってこだわって、ついてみたらお休み・・・・なんてことが
多いんですよね私達夫婦は・・・・。
「定休日は?」
「月曜だって」
「セーフ ! 今日は火曜。」
「エッ ? 売り切れ終了・・・・?」
「だいじょうぶかなぁ~。不安(´‐` ;)」

たどりついたお店は、自宅につづく店舗で、入ると広いお座敷
受付には50代の女性。奥には腰のまがったおばあさんが一人
「注文はこちらでお願いします。」

おぅ~~。まだ売り切れてなかった。よかった~!
連休の狭間で、ラッキーでした。祝日では食べられなかったかも
だって、待つ人のための長いすが3つ。げた箱もすごい数。
きっと、ならんで待つんだね。

メニューはなんと、板蕎麦のみ
つけあわせも 「にしんの煮つけ」か「おでん」しかありません。
しばらく待って出てきた板蕎麦、
おいし~い(^~^)
二八蕎麦だけど、蕎麦の香りたっぷり、歯ごたえコシコシ、のどごしツルン
頑張って来たかいがありました。よかった~食事が無事できて。
Copimg_1307_1
お漬け物は自家製。ペロン漬けというのがこの土地の名物だとか
私の好みの味ではありませんでしたが、さすが手作り
いわゆるアミノ酸系のだしの素の味がせず、美味しかったです。
おつゆも、まろやかでした。さいごにそば湯で薄めて飲みほしました。

帰りは、また、仙山線で80分の旅
リリーフランキーの東京タワーも「オカン」が胃がんで亡くなる最終場面へ
号泣。( ノД`) '゜゚゚・。
せつなさと 共感と やさしい気持ちと・・・・  いろいろな思いが
涙でごちゃごちゃになりました。

おまけ
自宅に戻って食べた山菜
ぜっぴんでした。とくに「本シオデ」。「これが取れるようになった山菜採りも一人前」と言われるそうです。それぐらい取るのが難しいですね。香りのいいアスパラって感じ。しあわせ~
「まめや」さんの富貴豆も、明治創業の老舗でした。駅で試食した富貴豆とは、雲泥の差。最高においしいお豆さんでした。しあわせ~

|

« |||||||||●| ̄|_ | トップページ | 子供の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73807/9907968

この記事へのトラックバック一覧です: いざ山形へ(2):

« |||||||||●| ̄|_ | トップページ | 子供の日 »